桂歌丸が復帰!春風亭小朝「三遊亭円楽が駆けつけた。楽ちゃん、実はちょっとファザコンなの」

印刷

   落語家の桂歌丸(77)が慢性閉塞性肺疾患と肋骨骨折の治療を終え、5月1日(2014年)に高座に復帰した。三遊亭円楽(64)から連絡を受けたという春風亭小朝(59)はブログで「あぁ、良かった良かった」と胸をなでおろしている。

   「けど、楽ちゃんも偉いよねぇ。忙しいのに、心配して寄席に駆けつけるんだから」とほめながら、「楽ちゃん、実はねぇ、ちょっとファザコンなの」と茶化す。実父と師匠の5代目円楽を亡くしたいま、「歌丸師匠がお父さんみたいなもんなんだよね」と説明している。

   「師匠もそれがわかってるから楽ちゃんが可愛いみたい」「落語界では珍しい関係かも」と話し、「ま、とにかく、ほっとしました。師匠の御贔屓の皆様、御安心下さい」と伝えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中