2018年 9月 26日 (水)

指原莉乃「一人のせいでファンとの交流を失いたくない。アイドル好きとして握手会がなくならないように願う」

印刷

   AKB48握手会で川栄李奈(19)、入山杏奈(18)がけがを負った事件について、HKT・指原莉乃(21)が5月27日(2014年)にツイッターで「みなさん、今回の件での二人への激励のメッセージありがとうございます。二人にもメールで伝えました」と話している。

   川栄や入山、スタッフやメンバー、そしてファンを思うと「犯人を許すことはできません」といい、「私たちは一人のせいでファンの皆さんとの交流を失いたくありません」と語る。「握手会にいらしたことがある方ならわかると思うんですが暖かく家庭的な感じが私は好きでした」と振り返り、「警備がより厳重になるそうですが、それでもあの家庭的な感じは残して欲しい」と願う。

   今後の握手会について「いつ再開になるのか、どんな形になるのかはわかりません」と語るが、「交流の場がなくなるのはつらいです。アイドル好きとして、AKBだけじゃなく全ての現場で握手会がなくならないように願っています」と、アイドルではなく1人のアイドルファンとして語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中