2019年 8月 20日 (火)

<1年前のワイドショー>横溝正史の猟奇世界!山口県の山間集落5人殺し―いまだ初公判開けず

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   まるでホラー小説、ホラー映画のような事件だった。昨年(2013年)の7月下旬、山口県周南市の山間の村で3人が殺害されて自宅が放火され、その翌日にも2人が殺害されるという惨劇があった。ワイドショーも不気味さに凍り付き、戸惑うように報じたが、凶悪犯はほどなく浮かび上がった。

   <山口・周南市の「八つ墓村」事件!11世帯の山間の集落で5人の遺体…姿消した63歳住人>(テレビ朝日系「モーニングバード!」)、<山口「連続惨殺・放火」もめごと続きだった不明男「ゴミになるから回覧板いらん」>(TBS系「朝ズバッ!」)、<山口「5人殺害」村民の買い物、草刈り、雑用引き受けてた重要参考人63歳>(「モーニングバード!」)と伝えた。

   しかし、そこまで凶行を重ねた動機がわからない。<山口「連続殺人・放火」犬めぐるトラブル?怒りや恨みどんどん膨らみ爆発>(日本テレビ系「スッキリ!!」)、<山口「5人惨殺」姿消した63歳男「つらい。村で孤立している」警察に相談>(「モーニングバード!」)、<山口「5人殺害」重要参考人の63歳男、2日目犯行直後に徒歩で山に逃走?>(「朝ズバッ!」)、<「村民5人殺害」保見光成の遺恨…村おこし提案否定され草刈り機械燃やされた>(「モーニングバード!」)とさまざまに推測したが、5人も殺すことだろうかと疑問は残った。

   検察は殺人と放火で起訴し、これまでに6回の公判前整理手続きが行われているが、被害者が5人と多く、保見の供述がいまだに二転三転していることから、初公判のメドは立っていない。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中