バンコク「代理出産」父親は『光通信』創業者長男!男の子1000人欲しいの不気味

印刷
<「生み終えた後、子供たちはすぐに私から引き離され、一度も顔を合わせることはありませんでした。最初から、父親だけではなく、卵子の提供者も教えてもらえませんでした。出産後に看護婦が『産まれたのは日本人と白人のハーフだった』とこっそり教えてくれました」>

   8月5日(2014年8月)、タイ・バンコクのコンドミニアムで生後間もない9人の乳幼児が保護された。どの子供も1人の日本人男性がタイの代理母に産ませた子供だと判明し、タイの国家警察が捜査に乗り出して大きな騒ぎになっている。

   冒頭のコメントは『週刊文春』の中にある代理母の一人で、男女の双子を産んだアナンヤー・ペンさんである。このほかにも7人の子供がおり、そのうち4人はすでに国外に出ているそうだ。この事件の抱える問題の大きさは週刊文春、『週刊新潮』がともに巻頭で特集を組んでいることでもわかる。

   タイ警察はこの男性が事情聴取に応じなかったため、名前や生年月日を公表し、この男性が重田光時氏(24)と判明した。彼の父親は重田康光氏(49)で、IT企業大手「光通信」の創業者である。週刊文春によれば「光通信」は携帯電話の販売代理店からスタートした会社で、浮き沈みはあったが、現在はグループ会社200社以上を抱え、連結の売り上げは5600億円あるという。

   光時氏は長男で、「光通信」の株などを持ち、資産は100億円を優に超えるといわれる。独身の大金持ちがなぜ代理出産で多くの子供を産ませたのか。光時氏は相続税対策などといい訳しているようだが、そんな説明で納得する者はいないだろう。

   週刊新潮は、警察が踏み込んだとき子供の世話をしていた27歳の女性がいて、「この子らの母親です」と答えたと報じている。光時氏の彼女と思われるが、「実は彼女、もともとは男性で、最近性転換手術を受け、女性になった人物なのです」と地元メディアの記者が話している。

   しかし、同性婚で子供をつくれないからといって、何十人も代理出産させるというのはありえない話だろう。しかも、代理出産にあたって、光時氏は女性側にさまざまな条件を出しているのだ。先のアナンヤー・ペンさんがこう語る。

<「クリニックの担当者から、胎児の発育状況や健康状態にかかわらず、『お産は九ヵ月目に帝王切開で行う』と言われました。また、『胎児に障害や、健康状態に少しでも異常が見られるようなら即刻中絶してもらう』とも言われました」>

   タイのほかインドでも2人産ませたという情報もある。光時氏は女の子はいらなかったようだ。男の子の名前にはすべて「ミツ」という発音が入っているそうだが、女の子には入っていない。

   代理出産してくれた女性には約100万円近く払われたそうだから、現時点でも6000万円以上が使われていることになるという。光時氏に代理母を2人紹介した女性が昨年8月、バンコクの日本大使館にメールを送り、こう警告していたと週刊文春が報じている。

<彼は「毎年十人から十五人の子供が欲しい」と言っており、百人~千人もの子供を作ろうと計画しているようです」>

ヒトラーの「生命の泉」計画まねた!?自分の遺伝子継承させて『帝国』作りたい

   謎を解く鍵になるかも知れない情報がある。週刊文春は父親・康光氏の高校時代の愛読書がヒットラーの「わが闘争」で、彼の会社はさながら重田教のように重田会長を神様のようにあがめていると元社員が語っている。

   両親もカンボジアにある光時氏の隠れ家を何度か訪れ、母親が赤ちゃんを抱きしめてキスしていたと報じているから、光時氏が独断でやっているのではないようである。代理出産というやり方で「重田帝国」を築くつもりなのだろうか。

   週刊新潮で精神科医の町沢静夫氏がこう分析している。<「この人物は、斡旋業者に(中略)、自分の遺伝子を多く残すことが社会にとって善だという主旨の話もしています。(中略)この発想から、『生命の泉』計画など、優性思想に基づいて優秀なアーリア人をどんどん増やし、ドイツ民族の繁栄と純血を守ろうと、ナチス・ドイツのヒトラーが行った一連の政策に通じるものがあると思わざるを得ませんでした」>

   「生命の泉」計画とは、ナチス親衛隊長官だったヒムラーが、優秀な親衛隊隊員とドイツ女性をカップリングし、生まれた子供はすぐ母親から引き離し「子供の家」で育てたことをいう。この計画によって4万人の子供が『生産』されたといわれているそうだ。

   私もこの話を聞いて「ブラジルから来た少年」という映画を思い浮かべた。ブラジルでヒトラーのクローンを現代に再生させようと企む科学者と、それを阻止しようとするナチ・ハンターのユダヤ人との闘争を描く、アイラ・レヴィン原作の映画化である。

   光時氏は精子を保存冷凍する機械を設置したいと話していたという。豊富な資金があれば、彼の死後も保存された精子で代理出産を続け、念願の子孫を1000人にすることも不可能ではない。その子供たちが成長して結婚し、子供をつくれば100年後には……。

   光時氏たちがそう考えているのか、現時点ではわからない。だが、科学の進歩は生命倫理の枠を一気に超えてしまうかもしれないのである。週刊文春は<女性を「産む機械」のように使う光時氏は、生命倫理を冒涜しているとしか思えない>と難じているが、重いテーマがわれわれに突きつけられた事件であることは間違いない。

朝日新聞「従軍慰安婦記事」一部取り消しのご都合主義!週刊誌「それ見たことか」と一斉批判

   朝日新聞がエラいことになっている。朝日新聞は8月5日付朝刊で「慰安婦問題 どう伝えたか」と題する自社報道を検証する記事を掲載した。そのなかで、植民地だった朝鮮の女性を暴力などを使って強制的に慰安婦に徴用したと話した吉田清治氏(故人)の証言を、当時は「虚偽」だと見抜けなかったと認め、当該の記事を取り消した。

   当然ながら、週刊誌から一斉に「朝日新聞、それ見たことか」と大バッシングが起こっている。『週刊ポスト』はこう書く。<多くの左派言論人や反戦活動家が「慰安婦が苦しんだのは事実だから、強制連行がなかったとしても問題の本質は変わらない」と話をすり替えていることだ。これは決定的に間違っている。なぜなら、世界で日本が「特殊な性犯罪国家」と非難され続けてきた理由は「強制連行」の一点だからだ。(中略)

   米軍はじめ世界中の軍隊が「強制連行ではない慰安婦」を雇っていたのであり、「女性たちが苦しんだ」ことは日本だけが非難される問題ではない>

   さらに、<朝日新聞は検証記事で吉田証言の記事は取り消したが、植村記事については「事実のねじ曲げはなかった」と強弁した。それは、韓国の反日団体、日本の『人権派弁護士』と連携して「強制連行」を国際社会に浸透させ、日本政府からカネを巻き上げる片棒を担いだという疑惑こそ、朝日が絶対認めたくない慰安婦報道の急所だからではないのか>

   週刊ポストは<朝日の虚報によって日本国民は冤罪の犠牲者になり、国際社会に慰安婦=性奴隷説が定着していく。

   06年には米国議会調査局が「日本軍の慰安婦システム」と題するレポートを発表。吉田氏の証言が引用され、翌年には米下院で日本政府に対する慰安婦への謝罪要求決議が成立した>と、朝日のでたらめな報道で日本人全体が辱められたと憤る。

   西岡力基督教大学教授もこういう。<「朝日が報じたような事実はなく、慰安所では外出の自由もあった。朝日が吉田証言を完全に否定した以上、日本だけが国際社会から性奴隷国家だと批判される理由は全くないといえます」>

   海外メディアがこの朝日新聞の検証記事を報じないことや、安倍政権の河野談話を見直しをしないという姿勢もこう批判する。<国内では朝日を批判しながら、国際的には朝日の虚構から組み立てられた河野談話を踏襲するダブルスタンダードでは、世界に広がった「性奴隷」のイメージを払拭できるはずがない>

   『週刊現代』も週刊ポストほどではないが、こう書いている。<度重なる誤報にきちんと向き合わず、訂正を行わなかった朝日の怠慢は、韓国の反日感情を高めた挙句、謂われなき日本叩きのための「武器」まで与えてしまったのである。朝日の誤報以降、日韓の歴史が歪められたとも言える>

   週刊文春、週刊新潮のタイトルはもっと厳しい。「朝日新聞よ、恥を知れ!」(週刊文春)、「全国民をはずかしめた『朝日新聞』七つの大罪」(週刊新潮)。週刊新潮はコラムを持っている櫻井よしこ氏も担ぎ出して「不都合な史実に向き合わない『朝日新聞』は廃刊せよ」と迫っている。

<「職業的詐話師」と秦氏が喝破した吉田氏の嘘を、2014年までの32年間、事実上放置した朝日は、その間、捏造の「強制連行」説の拡散を黙認したと言われても仕方がない。(中略)史実を曲げてまで日本を深く傷つけた朝日は、全力で国際社会に事実を伝えた上で、廃刊を以てけじめとすべきだ>(櫻井氏)

木村伊量・朝日新聞社長は潔く辞任すべし!通用しない「虚偽証言は認めるが謝罪はしない」

   私はもう一度朝日の当該記事を読み直してみた。吉田証言は指揮命令系統からも、当時、吉田氏がいたとされる済州島に陸軍の大部隊が集結する時期も事実とは思われないのだから、もっと早く虚偽だという判断はできたはずである。なぜ今なのかという疑問がわく。週刊文春によれば、木村伊量社長の判断だというが、木村社長は「ちゃんと謝ったほうがいい」という旧友に対して、「歴史的事実は変えられない。従って謝罪する必要はない」と答えたというが、これもおかしな話である。

   吉田証言は歴史的事実ではなく、明らかな虚偽である。虚偽を報じたのなら潔く訂正して謝罪するのが当たり前ではないか。また、他紙も吉田証言を使ったではないかといういい方も見苦しい。

   推測するに、安倍政権になって右派的論調が強まり、部数的にも苦戦しているのであろう。首相動静を見ていると、木村社長は安倍首相と何度か会っているから、直接苦言を呈されたのかもしれない。そこで弱った木村社長が決断したのではないか。だが、社内にはこの時期にこうしたものを載せるのは如何なものかという反対意見も多くあるはずだ。そこで、吉田証言が嘘だったことは認めるが、強制性に対してや植村記者の書いた記事に関しては「事実のねじ曲げはない」と強弁する、謝罪はしないということで手を打ったから、あのような中途半端な検証記事になったのではないのか。

   しかし、これだけの大誤報を認めた以上、木村社長は謝罪会見を開き潔く辞任すべきだろうと、私も思う。その上で、日韓併合や植民地時代の苛烈な支配、原爆症で苦しむ朝鮮人被爆者や慰安婦たちの苦しみを、この誤報で帳消しにしてはいけないと主張するべきではないか。

   戦時下で、多くの朝鮮人女性が甘言をもって慰安婦にされ、他人にはいえない苦労を強いられたことは歴史的事実なのだ。これから朝日新聞がやるべきことは、吉田証言とは別の軍の強制性を示す事実を総力を挙げて取材し、紙面で発表することである。

   そうしなければ、右派メディアや論客たちによって、「強制性」についてはもちろんのこと、従軍慰安婦は自分から志願し、カネも自由もふんだんにあった悪くない『職業』にされかねない。

   8月6日の朝日新聞で、父も祖父も太平洋戦争中に強制収容された日系人、米ジョージ・ワシントン大学教授のマイク・モチヅキ氏がこう語っている。<「多くの日本人がもう『もう十分だ。未来志向で行こう』と言うが、それを言うのは被害者の側であって、日本人はまず『私たちは忘れない。過ちを繰り返さない』と言い続けるべきだ」>

   NHK BS1スペシャル「オリバー・ストーンと語る 原爆×戦争×アメリカ」でもオリバー・ストーン監督が概ねこう語っている。「記憶こそがわれわれを人間たらしめる『よすが』なのだ。自分が何を為したのかの記憶なくして人は後悔したり罪の意識を抱くことはない。歴史家が記憶を残すのはそれを忘れないためなのだ」

   自分たちの父祖がやったことを決して忘れず、それについて考え続けることこそ、いまの日本人に最も必要であることはいうまでもない。

橋本聖子「セクハラキス」嫌がる高橋大輔…9月入閣つぶすために誰かがリーク?

   橋本聖子参議院議員(49)が高橋大輔選手(28)にキスを強要したという週刊文春の記事を紹介しておこう。ちと古いが、2月23日、ソチ五輪閉会後に橋本議員が選手村にあるJOCの部屋にスケート選手たちを集めて酒盛りをした。

   酒が入った聖子ちゃんが次々に選手たちに抱きつき、ついに『氷上の貴公子』高橋選手の肩に腕を回し、キスをした瞬間の写真がグラビアに載っている。巻頭の写真だけを見ると、熱愛中の二人がダンスをしているうちに唇を自然に合わせたようにも見える。だが、ページをめくると、嫌がる高橋選手に襲いかかるようにして聖子ちゃんがキスをせがんでいることがよくわかる。

   <これは自身の権力を利用した、パワハラ、セクハラといえるだろう>と週刊文春は書いている。橋本議員は強制した事実はないといっているが、写真を見る限り「強制性」ありと見る。これで次の入閣はおじゃん? 彼女の入閣を阻止しようと考えた誰かが「落とす」ために今頃発表したのかもしれない。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中