2019年 10月 18日 (金)

広島「土砂災害」いまだ不明の新婚夫婦…昨年秋に結婚して引っ越して来たばかり

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   広島市の土砂災害現場の捜索・救助作業は、時折強い雨に見舞われ中断・再開の繰り返しだ。安佐南区緑井8丁目の室屋敏夫さん(83)さん夫婦は自宅を押し流され、妻はその後に救助されたが室屋さんは行方不明だ。

   捜索を見守っていた甥の吉川正明さんは「自宅の瓦礫の下か土の中にいるはず。早く出してあげないと、また土石流が来たら姿が見えなくなってしまう」と言葉を詰まらせた。その後、室屋さんの遺体は自宅から数十メートル離れた所から収容された。

11月出産予定の妻

   八木地区の湯浅正彦さんの長男夫婦、康弘さん(29)とみなみさん(28)は昨年(2014年8月)10月に結婚したばかりだ。新築アパートで新婚生活を始めたが、さおのアパートが跡形もない。夫婦は行方不明のままである。みなみさんのお腹の中には11月出産予定の赤ちゃんがいた。

捜索進んでいるのか?

   司会の小倉智昭は現場で取材に当たっている田中良幸レポーターに「けさ(2014年8月25日)の捜索状況はどうでしょう」と聞く。「警察、消防、自衛隊合わせて3300人体制で捜索にあたっています。けさは自衛隊の重機が山の上の方の現場に向かいました。消防の一部は裾野にあった住宅街で待機していますが、これはこの周辺できのう救助犬がかすかな反応を示したからです。その救助犬はいま山の方にいますが、9時過ぎには戻ってくる予定で、戻り次第救助犬を使った捜索が始まります」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中