女子体操「遅咲きニューヒロイン」永井美津穂21歳!アジア大会で跳馬『金』有力

印刷

   今月(2014年9月)開催されるアジア大会の体操女子代表に、「期待のニューヒロイン」(番組ナレーション)がいるそうだ。「笑顔がとってもキュート」な21歳の永井美津穂選手だ。

   高校時代は全国大会の跳馬種目で優勝するなど活躍したが、大学1年の時に右アキレス腱を断裂するというけがを負った。「大学時代は棒に振っちゃうのかと思ったけど、リハビリを毎日して、みんなの練習を見てたら、考え方も変わってプラスになった。当時はつらかったが、今となってすごく成長させてもらったなと思う」

「得意種目はゆかと跳馬。バネの強さをみんなに見てほしい」

   1年間のリハビリを経て完全復活し、5月の全日本個人総合選手権では跳馬で優勝。体操選手は10代で代表になる選手が多いなかで、今年、初めて日本代表に選ばれた。「得意種目はゆかと跳馬。バネの強さをみんなに見てほしい」と話す。

   石井大裕アナ「遅咲きでこう活躍してると、応援したくなりますね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中