川越駅の事件だけじゃない...視覚障害者「白杖」に嫌がらせ!「バカヤロウ。どこ見てるんだ」

印刷

   8日(2014年9月)朝、通学途中の埼玉・川越駅の改札口を出たところで白杖につまずいた何者かに蹴られた盲学校の女子生徒が、その時の様子と心境を語った。3週間のけがを負ったが、母親は「ケガより心の傷が心配だ」という。同じ埼玉では先頃、全盲の男性と一緒にいた盲導犬が刺される事件があったばかりだ。

被害女子生徒「ただの棒ではなく、目の代わりなので理解してほしい」

   女生徒は県立盲学校「塙保己一学園」に通う。女生徒は「何が起ったか一瞬わからなくなるくらい怖かった」という。おびえながらバスに乗って登校したがだれにも話さず、翌朝も痛みがあり授業に支障がでたため、学校に話したという。

何でこんなことが...

   女生徒は「白杖はただの棒ではなくて、目の代わりなので理解してほしいです」という。以前にも、自転車がぶつかって折れたり、「危ないじゃないか」といわれたこともあったと話す。取材に応じたのは、白杖や点字ブロックを理解してほしいと思ったからだと語る。

   学園の荒井宏昌校長は「暴行を受けたというのははじめてです。びっくりしています。点字ブロックは安全だと子どもたちにいっているんですから。無防 備な弱者を攻撃するのは許されない」と怒る。生徒たちに「そういう時は大声を出しなさい」と指導している。

   視覚障害者協議会の藤野喜子理事も「点字ブロックの上を歩いていても『バカヤロウ。どこ見てるんだ』『気をつけろ』といわれたことは何度かあります」という。岡安弥生リポーターが一緒に人混みの中を歩いたが、人との接触はしょっちゅうだった。

   川越署は傷害容疑で捜査を始め、防犯カメラの解析とともに目撃情報の提供を呼びかけている。時間帯からいってあたりはかなりの人がいたはずで、きのう(10日)からニュースで伝えられていながら目撃者は現れていない。

前方確認だけじゃない。「白杖サイン」知ってた?地面をトントン叩くと...

   司会の羽鳥慎一「なんでこんなことが起こるんでしょうね」

   宮田佳代子(ニュースキャスター)「無知、思いやりのなさに尽きますよ。この事件では、ぶつかった人が声を出さなかったのが気になります。目の見える方に説明責任がある。それがなぜできないのでしょうか」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「そういうことができる人なら、こんなことはしませんよ」

   藤野理事の話では、最近は声をかけてくれる人も増えている一方で、罵声を浴びせる人も増えているのだそうだ。

   松尾貴史(テレント)「目撃しただれかが、『何やってんだ』と言ったという話もあります。目撃を寄せて、厳罰にしてほしい」

   羽鳥「白い杖は自分で前方を確認するだけでなく、回りの人たちにそうなんですよとしらせるものでもあるんですよね」

   松尾「試し歩きでどんどんぶつかってくるのを見ると、恥ずかしくなりますね」

   岡安「ブロックの上にものを置いたり、立っていたり、見向きもしないとか」

   玉川「自分も考えてみると忘れてますね。申しわけないけど」

   松尾「白杖を少し高く持っているのは、何かしてほしいと待っているサインなんですね。大人でも知らない」

   岡安「杖をトントンしているのは待ち合わせ。私はそれも知らなかった」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中