日本シリーズ「阪神」もう後がない!頼みの綱は29年前のあの男...

印刷

   プロ野球日本シリーズはソフトバンクが優勝に大手をかけ、きょう30日(2014年10月)の第5戦に敗れれば阪神の「29年ぶりの日本一」は夢と消える。しかし、逆転優勝の強力助っ人がいるという。1985年に阪神が優勝した際に、道頓堀に投げ込まれたケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダース像だ。その後の阪神は低迷し、「カーネルの呪い」などとも呼ばれた。

道頓堀に放り込まれたカーネル・サンダース

   カーネル像は09年に引き上げられ、昨年まで阪神の本拠地である甲子園球場に一番近い甲子園駅前の店舗で、陰ながら阪神を応援していたそうだ。いまは東京本社に異動し社長室のあるフロアで来客を出迎えているという。

味方する義理ない

   「モーニングバード!」は大阪の阪神ファンの謝罪や勝利の願いを収録してカーネル像に見せたりしたが、はたして効果はあるか。

   松尾貴史(タレント)「(カーネルは)日本シリーズは味方してくれないような気がしますけどね」

   赤江珠緒キャスター「カーネルさんからすると、とくに阪神を応援する材料が...」

   松尾「恨みこそあれねえ。それにチキンは鳥ですから、ホークスに味方するんじゃないですか」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中