東京・多摩「建築住宅連続放火」近所の22歳男逮捕!灯油購入の映像

印刷

   東京・多摩市で9月(2014年)に住宅の建設現場6か所が連続して放火された事件の、きのう11月30日に近くに住む無職の粕谷聡(22)が非現住建造物等放火容疑で逮捕された「むしゃくしゃしてやった」と話している。

   放火は京王線・聖蹟桜ヶ丘駅から小田急線永山駅にかけての住宅街の半径2キロの区域で起きた。いずれも深夜で、建築中の住宅に灯油をまいて火をつけていた。警察、消防、住民や建設業者もパトロールなどに務めたためか、その後は途絶えていた。

両親・弟と4人住まいの無職

   逮捕の決め手はガソリンスタンドの防犯カメラの映像だった。最初の放火事件の直前、ポリタンクで灯油を買う粕谷の姿があった。灯油を買う季節ではないことから不審をもたれた。

軽くなる

   粕谷は放火現場に近いマンションに両親と弟と住んでいるが、壁をたたくなど騒音トラブルを起こしていた。部屋を訪ねた近所の住民の話では、室内のカベはぼこぼこだったという。このマンションでは事件の少し前、深夜の爆竹騒ぎや駐車場の消化器をぶちまける事件があり、放火事件のあとエレベーターのドアのガラスが割られていた。犯人は特定されていない。

現行犯逮捕狙っていた捜査当局

   キャスターのテリー伊藤「地元の人はホッとしてるでしょうね」

   勝谷誠彦(コラムニスト)「火を使うという意味で、爆竹、消化器はつながりがあるように感じますね」

   テリー「ガソリンスタンドの映像はバイクで行っているので、早くからわかっていたと思うが、(警察は)現行犯逮捕したかったんだと思う」

   勝谷「人が住んでいる住宅への放火は最高刑は死刑だが、住んでいない『非現住』は軽くなる」

   テリー「そこまで知っていたかどうか」

   それよりも、無職だよ。通り魔、子どもの虐待、放火、みんな無職だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中