2018年 7月 21日 (土)

雪捨て場崩れ小2男児死亡!大雪続きでうず高く積み上げ

印刷

   道路脇の雪捨て場で遊んでいた小学2年生の男児が崩れた雪に埋まり死亡する事故が22日(2015年1月)に、長野県信濃町であった。住民は今年は雪が多く、例年に比べ雪捨て場の山が高かったのが災いしたという。雪捨て場の雪の山は3~4メートルまで積み上がっていたらしい。

想定外だった

   司会の羽鳥慎一「雪に慣れている地域でもこういうことが起きるんですね。やはり想定外だったのでしょうね」

   春に向い、日中の気温が高くなるなかで、同様の事故が起こらないように大人たちは注意を払う必要がある。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中