雪捨て場崩れ小2男児死亡!大雪続きでうず高く積み上げ

印刷

   道路脇の雪捨て場で遊んでいた小学2年生の男児が崩れた雪に埋まり死亡する事故が22日(2015年1月)に、長野県信濃町であった。住民は今年は雪が多く、例年に比べ雪捨て場の山が高かったのが災いしたという。雪捨て場の雪の山は3~4メートルまで積み上がっていたらしい。

想定外だった

   司会の羽鳥慎一「雪に慣れている地域でもこういうことが起きるんですね。やはり想定外だったのでしょうね」

   春に向い、日中の気温が高くなるなかで、同様の事故が起こらないように大人たちは注意を払う必要がある。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中