2018年 7月 19日 (木)

<フェイス・オブ・ラブ>
亡夫に瓜二つの男性に出会ってしまった未亡人!恋していいのか、それは裏切りか・・・大人のおとぎ話の行方は?

印刷

   ニッキー(アネット・ベニング)は30年間付き添った最愛の夫・ギャレット(エド・ハリス)を不慮の事故で亡くし、喪失感を抱えたまま生きていた。5年が経ち、立ち直りの兆しが見え始めた頃、美術館でギャレットと瓜二つの男性に遭遇する。

   胸の高鳴りを抑えられない彼女は、彼が大学の美術学部教授トム・ヤング(エド・ハリスの二役)であることを突き止め、罪悪感を覚えながらも、トムに亡夫の面影を重ねる。だが、トムにも秘密があり、二人の出会いは思わぬ方角へ向かっていく。

ロビン・ウィリアムズの見守るような微笑優しい

(C)2014 LOOK OF LOVE,LLC
(C)2014 LOOK OF LOVE,LLC

   イスラエル生まれのアリー・ポジンがメガホンを取り、アネット・ベニングとエド・ハリスが初共演し、昨年(2013年)に他界したロビン・ウィリアムズが脇を固めている。

   似ているだけの男性でも、ニッキーは忘れかけていた恋がよみがえり、気持ちは若返り、喜びと葛藤で行動を大胆になり、「女性」を取り戻していく。

   ニッキーとトムのロマンスはお互いをネットで検索し合うなど、シニア世代ながら若々しさに溢れており、恋に年齢は関係ないことを知らせる。時に大胆に、時に慎重に恋を育んでいくが、ニッキーが見ているのはトムなのかギャレットなのか、ニッキーにもトムにもそれが分からない。それでも二人は確かに恋をしている。

   街を歩いていると、誰かと似ている人と遭遇することがあり、人違いというのが相場だが、もう会えない人と瓜二つの人物と出会ってしまったら、われわれはどうするだろうか。じっくり眺めるか、後を追い話しかけてみるだろうか。それは幸せなことなのか。別れを再び思い出してしまう悲しみなのか。

   この「おとぎ話」はニッキーの無意識の言動で幕を閉じるのだが、それが幸せなのか、悲しみなのか、見る者によって解釈が違うだろう。ニッキーの隣人役で出演しているロビン・ウィリアムズのニッキーを見守るような微笑にこの映画の主題を映しているように感じた。

   「奇跡のような出会いから生まれた大人のラブストーリー」というありふれたコピーも見終われば深みを増すだろう。


オススメ度☆☆☆

丸輪太郎

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中