東尾理子また体外受精失敗 「また一から採卵して頑張ります」

印刷

   体外受精で妊娠に挑戦しているプロゴルファーの東尾理子(39)が2月19日(2015年)、着床に失敗したとブログで報告した。

   「先日お迎えした胎盤胞。今回も残念な結果になりました。着床もしなかったみたい」と伝え、「また一から採卵して頑張ります」と記した。

   2月7日のブログでは、採卵の結果卵胞の中に卵子が入っていない「空胞」だったため3年前に採取した胚盤胞を子宮に迎え入れたと明かしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中