ふなっしー「外国人記者」に大受け!特派員協会で異例の爆笑会見

印刷

   人気キャラのふなっしーが外国特派員協会に招かれ爆笑会見となった。ふなっしーは2月19日(2015年)に親善大使としてニューヨークを訪れており、これを受けて特派員協会が招待した。

   まずは「サンキュー、インプレス(感激)、ペアジュース(梨汁)」と英語であいさつすると、さっそく質問攻めとなった。エンパイア・ステートビルなどを回った感想を聞かれ、「池袋みたいだったなっしー」

「洋ナシさんと結婚したら、品種改良ってことなっしー」

   時給はいくらかとたずねられると、「多分、梨1000個ぐらいかなっしー」。梨はいま1個いくらだろうと突っ込まれると、「生々しくなっちゃうなっしー」

当意即妙

   洋ナシさんと結婚したらどうかの問いには、「品種改良ってことなっしー」と応じた。大ファンだというエアロ・スミスの「ウオーク・ディス・ウエー」を熱唱して拍手を浴びる場面もあった。外国人記者たちから笑いをとって、会場は大盛り上がりだった。

   司会の羽鳥慎一「ニューヨークでも大人気だったのですかね」

   赤江珠緒キャスター「ニューヨーク支局に問い合わせたところ、それほどの人気ではなかったということでしたが、いろいろな質問が飛びましたね」

   羽鳥「いやあ、この受け答えはすごいですよ。中に入っている人がと言ってはいけないが、素晴らしい」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中