秋田・乳頭温泉郷「硫化水素中毒」3人死亡!源泉を点検中に倒れる

印刷

   きのう18日(2015年3月)、秋田県仙北市の乳頭温泉郷の源泉付近で、点検作業中の市職員1人と作業員2人が倒れ死亡した。現場は源泉から温泉水を引く配管の近くのくぼ地で、最初に作業員2人が倒れているのを市職員が発見し、救助に向かって倒れた。

   湯を引いている施設から「湯の量が少なくなり温度も下がった」という連絡があり、点検中だった。

空気より重く窪地に滞留

   消防などの話によると、硫化水素は空気より重く、周囲の積雪などの影響もあってくぼ地に充満していた可能性がある。濃度の検知器やマスクなどの器具があるが、事故当時に使用していたかどうかは不明だ。

   おおわた史絵(内科医)「(硫化水素の危険度は)濃度によって差があり、温泉の近くで硫黄の臭いを感じることがありますが、臭いを感じるのが5ppm。死亡に関わってくるのは350ppm以上くらいです」

   高濃度の硫化水素に曝された場合、自分で異変に気付いたときには肺水腫などを起こしていて重症化することが多いそうで、「作業員の方はマスクを着用してください」(おおたわ)という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中