田村淳、キャップ寄付問題で陳謝 NPO法人には「うやむやにさせてはいけない」

印刷

   ペットボトルのキャップをリサイクルする運動を進めるNPO法人「エコキャップ推進協会」が売却益をワクチン代として寄付していなかった問題で、インターネット番組で運動に協力していたロンドンブーツ1号2号の田村淳(41)が4月10日(2015年)、ツイッターでNPO法人に対する失望感をあらわにした。

   田村は、NPO法人については、

「しっかりとした団体だと信じていたのですがガッカリです」

と言及。田村の呼びかけに応じてキャップを寄付した人に対しては、

「気持ちを踏みにじる形になってしまった」
「今までエコキャップ推進協会に託した約31万個のペットボトルのキャップの行方について、きちんとコメントをして頂きたいと思います。このまま有耶無耶にさせてはいけない問題だと考えます」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中