自宅放火子ども4人焼死の自衛隊一等海尉「妻が見送らなかったので火付けた」

印刷

   大分・杵築市で自宅に放火して子供4人を死なせた父親の海上自衛隊一等海尉の末棟憲一郎(40)は、放火の理由を「単身赴任地へ発つとき妻が見送りをしなかったから」と供述しているという。

   末棟は自宅1階の居間に灯油をまいて火をつけた。妻と3女は1階にいて逃げたが、長女(14)、次女(7)、4男(9)、5男(5)が焼死した。直後に次男が末棟に「お前が悪いんだ」と食ってかかり、末棟が「オレが悪かった」と話している姿が目撃されている。

父親も妻も元自衛官

   末棟は大分出身で、長崎で中学、高校(工業・電気科)を終えている。卒業の文集には「日本が俺を求めてるぜ!」と書いて、そのまま自衛隊に入った。父も自衛官で、妻も元自衛官。千葉、青森、山口、鹿児島などに勤務したが、4年前に杵築市に家を買い、この3月(2015年)から広島の江田島勤務となって、単身赴任した。週末だけ大分に帰宅し、日曜の深夜に約5時間をかけて車で基地に戻る生活だった。

tv_20150708125346.jpg

   いまどき珍しい子ども8人という大家族で、近所の人の話では夫婦仲も良く、一家そろって庭で家庭菜園をしたり、バーベキューをする姿をよく見かけたという。一方で子どものしつけなどには厳しく、亭主関白でもあったようだ。職場の同僚は短気で怒りっぽい性格だともいう。にしても、放火をする理由にはなりそうもない。

精神的な病気あった?

   司会の小倉智昭「奥さんも元海上自衛官だということは、仕事への理解もあったということでしょう」

   岸本哲也リポーター「家の中も自衛官の雰囲気があったらしいです。単身赴任で体調に不安があると奥さんが話していたともいいいます」

   小倉「高校卒業で40歳で1等海尉というのは、昇進が早いのでしょうね」

   岸本「出世は早いです」

   小倉「それだけ努力したんだろうに、なぜ切れちゃったのか」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「見送らないだけで放火はしないですよ。病があったとか、何か人格に故障があったとしか思えないですね」

   小倉「40歳で8人の子は、子育ても大変だったろうに」

   深澤真紀(コラムニスト)「何があったにしても、火をつけるには距離がありすぎますよ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中