2019年 2月 22日 (金)

三村マサカズ「飲み会で全裸になった若手を叱った。下ネタの境界線は難しい」

印刷

   お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ(48)は7月7日(2015年)、

「打ち上げの席で全裸になった若手を叱った」

とツイートし、下ネタの境界線が難しさを語っている。

   貸切りの部屋で、周りに女性もいたといい、

「そんななか、裸になっても面白くない。なるなら逮捕覚悟で路上か、出入り禁止覚悟のテレビ生放送とか」
「下ネタの境界線は難しい」

   過去に番組内でのセクハラ疑惑が報道されたこともある三村さんの見解に、「脱げば笑いがとれると思っているのが滑稽」「下ネタにはセンスと責任が必要なんですよね」と理解を示す声と、「お前が言うな」「いや、お前の基準がいいわきゃないだろ」と厳しい声の両方が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中