トイレの内外で夫婦怪死!巨漢夫ドアの前で急死、閉じ込められた妻は熱中症

印刷

   先週30日(2015年7月)、東京都荒川区のマンションの一室で、住人の夫婦がトイレ付近で折り重なるように倒れて死亡していたのが見つかった。40代の夫と50代妻の2人で、夫はトイレのドア前にうつぶせに倒れ、妻はわずかに開いたトイレのドアの隙間から上半身だけが出て、夫の上にもたれかかるようにして倒れていた。

普段からエアコンつけず

   警察の調べによると、酒に酔った夫がトイレの近くで倒れ込み、妻が入っているトイレのドアをふさぐ格好になった。持病があった夫はなんらかの原因で死亡。妻はドアが開かず、熱中症で死亡したと見られる。夫は体重100キロと大柄で、妻は押し返せなかったようだ。この家では普段からエアコンをつけていなかったという。

tv_20150803154414.jpg

   司会の小倉智昭「へえ、こんなことが起こるんだね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中