2018年 9月 20日 (木)

トイレの内外で夫婦怪死!巨漢夫ドアの前で急死、閉じ込められた妻は熱中症

印刷

   先週30日(2015年7月)、東京都荒川区のマンションの一室で、住人の夫婦がトイレ付近で折り重なるように倒れて死亡していたのが見つかった。40代の夫と50代妻の2人で、夫はトイレのドア前にうつぶせに倒れ、妻はわずかに開いたトイレのドアの隙間から上半身だけが出て、夫の上にもたれかかるようにして倒れていた。

普段からエアコンつけず

   警察の調べによると、酒に酔った夫がトイレの近くで倒れ込み、妻が入っているトイレのドアをふさぐ格好になった。持病があった夫はなんらかの原因で死亡。妻はドアが開かず、熱中症で死亡したと見られる。夫は体重100キロと大柄で、妻は押し返せなかったようだ。この家では普段からエアコンをつけていなかったという。

tv_20150803154414.jpg

   司会の小倉智昭「へえ、こんなことが起こるんだね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中