歌うスーパードクター「赤沢貴洋」逮捕!民間病院に人工透析患者紹介してワイロ

印刷

   「歌うドクター」として知られる名古屋・名城病院の医師、赤沢貴洋(41)が、人工透析の患者を紹介した見返りに賄賂を受け取っていたとして、きのう3日(2015年12月)に愛知県警に逮捕・送検された。名城病院は国家公務員共済組合連合会の運営で、勤務する医師は公務員とみなされる。

   警察によると、赤沢容疑者は人工透析が必要な患者8人を医療法人「光寿会」が運営する病院や診療所に転院させ、見返りに約60万円を受け取っていた。光寿会の実質的経営者の多和田英夫医師(64)も贈賄容疑で逮捕された。双方とも容疑を認めているという。

白衣姿にギターをかかえて病院・老人ホーム慰問「血液サラサラ音頭」

   赤沢は看護師などとバンドを組んで、白衣姿にギターをかかえて病院や老人ホームを慰問する「歌うスーパードクター」として知られる。「血液サラサラ音頭」など6枚のCDの売り上げを骨髄移植支援団体に寄付するなどして、メディアにもよくとりあげられていた。診察を受けていた患者たちはびっくりだ。「優しく丁寧に説明して下さって、いい先生ですよ」「びっくりしてます。惜しいです」と口々に言う。赤沢は車のローンの支払いやバンドの活動で金が必要だったと供述しているという。

母も人工透析

病院には人工透析患者1人当たり毎月40万円の医療費収入

   患者を紹介しただけで金がどうして動くのか。光寿会は紹介患者1人当たり10万円を払っていたが、光寿会には人工透析患者一人当たり毎月40万円の医療費収入があるのだという。

   司会の羽鳥慎一「病院は患者が多いほどいいということですか」

   医療ジャーナリストの森田豊さんは「残念ながらそうなんです。透析を1度始めると長期になります。腎臓の移植ができる人は少ないから、多くの人は生涯透析を続けることになります。病院は患者を確保すると多額の収入になるというわけです」という。

   羽鳥「全部の医者がそうだとは思えないですがね」

   森田「ほとんどは真面目にやっていますが、なかにはこういう医者もいます」

   羽鳥「患者の取り合いもあるんですか」

   森田「ありますね。言葉は悪いが集客」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「うちの母も人工透析を40年くらいやった。週1回が2回、3回になり、1回にほぼ1日かかるんです」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「透析になる前にがんばれる人も透析に追いやるということもあるのではないですか」

   森田「疑いの目で見ると、何でもできちゃいますね。医者の良心にかかってる」

   吉永みち子(作家)「患者を金の成る木のように扱える状況、何とかならないのでしょうか」

   森田「患者に病院を指定するのを止めたほうがいいと思います。患者が便利な病院を選べるように選択肢を持たせるべきです」

   これ、公務員でなければ贈収賄にはならないのでは?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中