2018年 9月 24日 (月)

毀誉褒貶飛び交うプリンスの死因!鎮痛剤依存、ジカ熱・・・エホバの証人で翌日には荼毘

印刷

   ミュージシャン、プリンスは死亡しているのが確認された翌日には、故郷ミネソタで荼毘に付された。報道によるとプリンスは「エホバの証人」の信者であり、死後1週間以内に葬むるという教義に従って行われたようだ。

   プリンスの死因を巡って報道が過熱している。依存性があるとされる鎮痛剤Percosetを常用していたという情報、風邪のような症状を見せていたことから「Zika熱ではないか」という説まで飛び出した。

   また、膨大な楽曲のストックがあったといわれるプリンスの今後のアルバム発売や、3億ドルと言われる遺産の行方についてもさまざまな憶測を呼んでいる。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中