毀誉褒貶飛び交うプリンスの死因!鎮痛剤依存、ジカ熱・・・エホバの証人で翌日には荼毘

印刷

   ミュージシャン、プリンスは死亡しているのが確認された翌日には、故郷ミネソタで荼毘に付された。報道によるとプリンスは「エホバの証人」の信者であり、死後1週間以内に葬むるという教義に従って行われたようだ。

   プリンスの死因を巡って報道が過熱している。依存性があるとされる鎮痛剤Percosetを常用していたという情報、風邪のような症状を見せていたことから「Zika熱ではないか」という説まで飛び出した。

   また、膨大な楽曲のストックがあったといわれるプリンスの今後のアルバム発売や、3億ドルと言われる遺産の行方についてもさまざまな憶測を呼んでいる。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中