プリンスの遺産320億円狙って自称「隠し子」次々名乗り・・・服役中の男まで「彼は俺のパパ」

印刷

   急死したプリンスの隠し子だと名乗り出る人々が相次いでいる。服役中の30代男性は、母親が80年代にプリンスと関係を持っていたと言い出した。母親はプリンス以外の異性関係はなく、自分の父親はプリンスに間違いないと主張している。

   別の30代男性はプリンスの実子を名乗って相続人となるための法的手続きを進めているという。遺産相続人調査を専門とする会社には、自分は実子だと訴える電話やEメールが毎日のように寄せられているという。なにしろ、遺産は総額3億ドル(約320億円)だから、有象無象が出てくるのも当然か。

ネットでは「一人や二人いてもおかしくないけどね」

   ネットでは「亡くなった途端、金に目がくらんだ自称隠し子が続々出てくるって、マイケル・ジャクソンの時と同じ」「長くミュージシャンをやっていたのなら、隠し子の一人や二人いてもおかしくはないかもね」などの書き込みが多い。

   プリンスの妹のミュージシャンTykaは、過熱する相続報道や家族の不和説にFacebookで反論した。「私の知る限り、家族の中で争いごとなんていっさい起きてないわよ。家族が戦争状態ですって?いったい誰の話なの」

   相続に最も近いところにいるだけに、ゆっくり待っていればいいというわけなのだろう。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中