タワマン投資に走る「空中族」リスク覚悟で高額物件を次々転売!「給料だけじゃ将来が不安」

印刷

   日本橋で開かれた不動産投資セミナーは、40歳以下を中心に200人と昨年の2倍以上の参加者だった。安定的な賃貸収入を得るのが目的だ。「サラリーだけじゃ不安」「結婚できなかったら1人で生きないといけない」「いつまで働けるか」。不安は男女を問わなかった。

   東京の不動産市場は東京五輪や金融緩和を追い風に活況だ。新築マンションの価格はリーマンショック前の水準を超え、バブル期に迫った。これを牽引しているのが都心のタワーマンションである。給料が上がるという実感はないのに誰が買っているのか。

値上がりしているのは東京都心の3区だけ

   湯川悟史さん(31)は2年前、タワーマンションの1LDKを全額ローンの3200万円で買った。それがいま4200万円の査定だ。含み益1000万円。自身は売る気はないが、転売を繰り返している知人は10人以上いるという。なかには5回も転売・購入を繰り返した人もいる。「空中族」というらしい。

   その1人が話した。外資系企業で働く40歳。妻と1歳の子がいる。今の住まいは7000万円だが、これまでに2回転売をした。初めは2年で2000万円の利益。これを元手に5600万円に買い替え、すぐに売って1600万円を得て、今の住まいを購入した。「ゲームに近い感覚かも。リスクをとって投資すると、より成功する」

   通常、築1年で売りに出る物件は2%とされるが、ここ1年半は20%というマンションが珍しくない。ただ、昨秋(2015年)頃から価格下落の兆しがみられる。先の「空中族」男性は「リスクをヘッジ(避ける)していくことも必要。最悪、住み続けるということ」と話す。

   「空中族」は富裕層なのか。みずほ証券上級研究員の石澤卓志さんは「違う」という。「平均年収(415万円)より若干高い程度。虎の子をうまく運用したい人たちなんです。富裕層が節税対策にしていた従来の不動産投資とは違います」

   投資漫画を描いている漫画家の三田紀房さんは「空中族とはいいネーミングですねえ。投資が熱くなるのはアマチュアのプレーヤーが増える時で、これに銀行がくっつくと一気に活気が出る。資金調達が便利になって、収入は下がっても投資欲は上がっている」

   しかし、慶応大の金子勝教授は「値上がり益狙いはミニバブル的だ」と否定的だ。「問題なのは、東京でも港、中央、千代田の商業地だけが上がって、他は下がっていることです。地方との格差だけでなく、東京都内でも格差が出ているんです」

バブル弾けたら巨額のローン残高

   医療関係の仕事をしている男性(33)は年収450万円。妻と共働きで2人の子がいる。自宅購入で1200万円のローンを抱えているが、将来への不安からワンルームマンションへの投資を考えていた。

   数百万円の物件を10年で返済する計画でさまざまに試算をした。当初は赤字でも、10年後からは家賃収入が見込める。ただし、入居者が続いてあればの話だ。空室状態が続くと大変なことになるが決断した。駅から徒歩20分のワンルームだった。「子供の学資が出せないとなったらかわいそう。身を守るためです。何もしないのは、それはそれでリスクでしょう」

   鎌倉千秋キャスター「このような判断をどうご覧になりますか」

   三田さんは「不動産は投資の王様なんです。新しい人が入ってくるのは理にかなっている。投資は人生を豊かにします」という。石澤さんも「投資には本来夢があります。今はデータベースも充実して、リスクの見極めがつくようになっている」と歓迎する。

   しかし、金子教授は「都心の3区だけの突出はいびつでしょう。外側は空家だらけ。街そのものが壊れ、都市の未来が壊れてしまう。いずれ限界がきます。東京五輪が終わり、人口は減少する。不動産より医療、介護、教育といった健全な方向に向かわないと」と危惧する。これが正論だろう。

   もうみんな忘れたのだろうか。かつてバブルで、どれだけの人が銀行の口車に乗ってマンションに投資したあげく、悲惨な思いをしたことか。風向きが変わった時、真っ先に逃げたのも銀行だった。これだけは覚えておかないといけない。

NHKクローズアップ現代+(2016年5月19日放送「追跡!タワマン「空中族」~不動産『バブル』の実態に迫る~」)

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中