米フロリダ「同性愛ナイトクラブ乱射」ISの犯行?ゲイ嫌い男?

印刷

   アメリカ・フロリダ州オーランドのナイトクラブで12日未明(日本時間2016年6月12日午後)、男が銃を乱射して客ら50人が死亡、53人が負傷する事件があった。イスラム過激派組織ISは「武装襲撃はイスラム国の兵士によるものだ」と犯行声明を出した。

   男はオマル・マティーン容疑者で、警察特殊部隊に射殺された。両親はアフガニスタン出身で、父親はNBCテレビの取材に「今回の事件は宗教とは関係ない。(息子は)2、3か月前にマイアミで男性同士がキスをしているのを見て激高していた」と話している。ただ、マティーンは犯行前に警察へ電話して、「イスラム国に忠誠を誓う」と話したという。

地元では有名なハッテン場

50人も死亡

   このナイトクラブ「パルス」は同性愛者が集まる場所として地元では有名で、週末とあって約320人の客が店内にいた。オバマ米大統領は「まだ捜査は初期段階だが、これはテロ行為であり憎しみによる行為であることは間違いない」と非難の声明を出した。

   司会の小倉智昭「拳銃とライフルだけでこれだけの人間を殺せますかねえ?」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中