ねづっち「不人気ユーチューブチャンネルの自虐ネタ」きつねそばと掛けて・・・

印刷

   何がYouTube(ユーチューブ)で流行るのかを予測するのはむずかしい。閲覧者の多くが「どこが面白いのかまったくわからない」と酷評する人気ユーチューバーがいるかと思えば、テレビなどで人気の芸能人がユーチューブに参戦して惨憺たる結果に終わることもある。

   「整いました。~とかけまして」の即興謎かけで知られるようになった元Wコロンのねづっちも、ユーチューブの世界ではブレークするには至っていない。

   2014年11月に自分のユーチューブチャンネルを開設。現在は「演芸場で披露する漫談のネタ」にもなっているという1分程度の漫談・謎かけ動画を毎日投稿している。ここ1か月ほどの再生数は少ないもので400回台、多いもので数千回程度だ。

「さっぱり儲からない」テレビで愚痴がウケて再生急増

   先週、ねづっちはテレビ番組でユーチューブ動画から1800円の収入を得たことを明かして話題になった。それを受けて6月26日に公開された動画「ねづっち、YouTubeで1800円稼ぐ」は再生7000回を超え、最近のヒット作となっている。

   この動画で、ねづっちは「(ユーチューブは)自分にはプラスしかないので、手伝ってくれている制作会社が儲からないからやめると言わない限り、ずっと続けていきたい」といい、「(自分の動画は)言ってみれば『きつねそば』と一緒だね。どういうことかって・・・」と自虐的な謎かけを披露している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中