2018年 11月 16日 (金)

森喜朗・組織委会長「君が代歌えない選手は日本代表ではない」国歌独唱なのに!?

印刷

   3日(2016年7月)に行われたリオ五輪選手団の結団式で、君が代を巡っておかしなことがあった。主将の吉田沙保里(レスリング)ら選手は赤のブレザーで舞台に勢ぞろいし、「国歌独唱」では背後のスクリーンに日の丸の映像が映り、選手たちは後を向いて流れる独唱(陸上自衛隊員)を聞いた。

   ところが、この後、東京五輪・パラリンピック組織委会長の森喜朗元首相が「どうしてみんなそろって国歌を歌わないのでしょうか。国歌も歌えないような選手は日本の代表ではない。私はそう申し上げたい」と言い出したのだ。しかし、会場に流れたアナウンスは「国歌斉唱」ではなく「国歌独唱」だった。

「選手を叱ったり注文を付けたわけではない」と弁明

 

   これについて、きのう7日の組織委の会合で日本体操協会の渡辺守成・専務理事が森氏に、「結団式でのご発言の趣旨をご説明いただければ」と聞いた。森氏は「選手団を叱るとか、注文をつけるとか、そういう立場ではない」と断った上で、JOCが決めた選手団の行動規範には「君が代を斉唱する」となっている。これに沿って斉唱すべきだったと指摘した。

 

   「独唱」にしたのはJOCの演出だが、意図は明らかでない。そもそも「君が代独唱」というのもあまり聞いたことがない。昔はみんな「斉唱」だったが、歌えない選手がいることを懸念したとも取れる。森氏は「歌えない選手は日本の代表ではない」というのだから、これまた穏やかでない。

   「あさチャン!」は「発言が波紋を呼んでいる」というナレーションだけで、誰もコメントせず、それ以上の突っ込みもなかった。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中