2019年 7月 22日 (月)

荻上チキ「一夫二妻生活疲れた。元の鞘に戻りたい」気鋭の論客『男の身勝手』

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

ワイドショーは絶対いじれない「嵐」二宮和也と伊藤綾子アナの「間もなく結婚」

   女性セブンの大スクープは、ワイドショーではできない「嵐」二宮和也とフリーアナ・伊藤綾子との「厳戒態勢」交際である。<ふたりの逢瀬は、いつもマンションの部屋の中だ。東京都心にそびえる超高級タワーマンション。多数の監視カメラ、オートロックはもちろん、警備員やコンシェルジュが24時間常駐で、セキュリティーは万全。住民のプライバシーは守られ、多くの芸能人が住んでいる。その最上階近くの一室に、嵐・二宮和也(33歳)が暮らしている。

   部屋の広さはゆうに100平方メートルを超える。彼にとってリラックスできる空間は何事にも代えがたい。二宮は、オフの時間があってもほとんど外出はしない『引きこもり』。家にこもってテレビゲームをしたり、マンガを読んだり、ギターで曲を作ったり。過去にテレビ番組で、「外食は年に2回だけ」と明かしたこともあった。

   そんな生活を送る二宮のそばに、最近、1人の女性の姿がある。彼女は、夕方のニュース番組「news every.」(日本テレビ系)で、「カルチャー&スポーツ」などを担当する伊藤綾子アナ(35歳)だ>(NEWS ポストセブン7月7日より)

   6月のある週末、二宮が朝早く東京ドームに向かった日の夕方、<マンションの裏口から出てきたのは、ブルーのTシャツ、ジーパン、白スニーカーというラフな格好の伊藤アナだった。小さな斜めかけバッグを肩からかけている。ときおり左右を見渡したり、後ろを振り返ったりと周囲を気にしながら、近所にある高級スーパーへ。店内では手慣れた様子で食材を選ぶと、マンションに帰っていった>(同)という。仕事帰りに二宮のマンションへ向かって買い物を済ませると部屋に戻る。そんな伊藤アナの姿が連日、目撃されている。

   ふたりの出会いは2012年8月。その年の「24時間テレビ」(日本テレビ系)の総合司会を務める二宮が、番組の宣伝のために「news every.」に出演したときだそうだ。お互いのマンションを行き来し、外では絶対会わないという。彼女はすでに自分の家族に二宮を紹介したと関係者が話している。周囲にも結婚式の司会は誰にしようかなといっているというから本気のようだが、「ジャニーズ事務所」が許すか。そこが大きなハードルかもしれない。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中