小倉智昭「いかがわしい生活だったのか」 「大麻」高樹沙耶の石垣島ライフ

印刷

   元女優の高樹沙耶容疑者が昨日(10月25日)、大麻所持の現行犯(大麻取締法違反)で石垣島の自宅で逮捕された。同居していた男性2人も同容疑で逮捕された。

   自宅では乾燥大麻、数10グラムと吸引用のパイプなどが押収されたが、これについて、男性容疑者のひとりが「私のものだ」と言い、高樹容疑者は「私のものではない」と否定しているという。7月の参院選に立候補して、「医療用大麻」の普及を公約として訴えていた。容疑の大麻とどう違うのか、この辺りは明らかでない。

   1983年、20歳で映画に主演して芸能界デビュー。以来爽やかで透明感のあるキャラクターで、映画、テレビで活躍。一方、バラエティーや情報番組での司会も務めるなど活動の幅も広かった。近年では、テレビドラマ「相棒」で小料理屋の女将役を長く務めた。

   私生活では、98年にシンガーソングライターの中西圭三さんと結婚したが、2年で離婚。その後、ハワイに移住してフリーダイビングに打ち込んだりもしていた。2011年、「相棒」を降板して、大麻研究家と石垣島で同居生活を始め、野草を売りにした「虹の豆 浮世離れ」という民宿を営んでいた。1泊3万円。2人は「大麻草検証委員会」の代表、幹事を名乗っていた。

参院選に立候補し落選

よく分からない

   ブログで大麻について、「私個人の感覚からしましては、お酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感を得られる、そしてアンチエージングには最高の植物だと信じております」と書いていた。

   果ては、この7月の参院選に東京選挙区で新党改革から立候補し、「医療用大麻の研究推進、合法化」を訴えていた。が、落選した。

   小倉智昭「ハワイへ行ったりして、面白い人だなと思っていたが、だんだん変わっていった。しかし、選挙で合法化を訴えるほどだから、まさかやってるとは思わない」

   深澤真紀「もしその通りなら、医療用どころじゃなくなる。ペンションを訪ねたことがあるけど、手作り感満載で評判も良かった」

   番組は、高樹容疑者の転落のきっかけはなんだったか、と男と結びつけてYouTubeの映像やら現地ルポなどで延々と展開するが、それだけで20分も引っ張るのは無理だ。

   小倉「石垣島で頑張っていたのか、いかがわしい生活だったのか、よく分からない」

   結局はそこだろう。大麻に、いいものと悪いものとがあって、というのはどうやら事実。現にアメリカの一部の州やオランダなどでは、合法のところがある。しかし、日本の法律では一律にダメだ。法律には勝てない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中