金田勝年・法相のお粗末すぎる答弁!「頭脳が対応できない」で辞任求められる

印刷

   それでなくても沸騰して当然の「共謀罪」論議で、金田勝年・法務大臣の答弁がお粗末極まる。野党は今日(2017年2月14日)から衆院予算委で追及、辞任を求める構えだが、そういえば法務大臣って、物議をかもす人が多い。なんでだろ?

   先週水曜日(8日)の衆院予算委では、質問に答えられず、「ちょっと、私の頭脳というんでしょうか、対応できなくて申し訳ありません」。「潔く身を引くべきと考えますがいかが......」(民進・階猛氏)

「共謀罪」法案が頭に入っていなかった?

   「共謀罪」は、テロなどを計画した時点で処罰の対象にするもので、国連の国際組織犯罪防止条約に加盟するために必要だとして、2003年以来何度も法案が上程されているが、適用範囲いかんでは危険だという反対で、いずれも審議未了になっている。今国会で政府は、テロ等準備罪の構成要件を厳しくすることで、乗り切ろうと策したのだが、大臣がわかっていなかった。

夏目:法務大臣だけなぜ?

   9日の衆院予算委。「(具体的な犯罪例について)何か一つでも頭にあるのか」(民進・山尾志桜里氏)の問いに、「理事会で協議していただいている事項ですので......」と完全な勘違い答弁。委員長から「理事会の協議にはなっておりません」と言われ、事務方に確認する始末。

   そもそもは先週月曜日(6日)、大臣名で報道陣に配られた文書だった。「法案については成案を国会に提出した後、法務委員会で議論を重ねるべき」とあって、「今は国会で質問すべきでない」と言わんばかりの内容だった。「質問封じだ」と野党が反発したため、文書を撤回して謝罪した。

   が、ここから追求が始まった。「答弁できないと言ってるようなものだ」などなど、野党4党は、「金田氏が著しく資質を欠く」として辞任を求めることで一致した。

   金田氏はこれが初入閣。「なぜ大臣になったと思うか」と問われ、「理解していると内心思ってはいても、申し上げるのは適切でない」と奇妙な答弁もしていた。

なぜか歴代法相に多い失言癖

   法相が物議を醸したことはこれまでもあった。2004年の第二次小泉内閣の南野知恵子氏は、「初心者でございます」と笑って、「初心者を大臣にするなよ」とやられた。答弁できないこともあったが、第三次小泉内閣まで務めた。

   民主党では2010年、柳田稔氏が「法相は楽でいい。二つ覚えておけばいいんですから」と、「個別の事案については、答えを差し控えます」「法と証拠に基づいて適切にやっております」と暴露して8日後辞任に追い込まれた。

   鳩山邦夫氏は07年、講演で「私の友人の友人がアルカイダなんです」と話して、物議を醸した。

   夏目三久「偶然が重なっているのかもしれませんが、法務大臣だけがなぜ?」

   牧嶋博子(TBS解説委員)「国民生活に直結する職務が少ないので、華やかさに欠けるということで、近頃は初入閣ポストのようになっているが、非常に重要なポストです」と権限を並べてみせた。「死刑執行命令」「検察庁への指揮権」「外国人の在留、永住許可」......

   牧嶋「人の運命を左右するような役割ですから、あまりにお粗末だと、任命した人の責任になるかも」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中