芸細だった「重婚」警察官 披露宴の席次まで作り「妻」欺く!

印刷

   妻がいるのに、別の女性と結婚の披露宴を開いた警察官がいた。新婦はその当日、はじめて既婚者だと知ったという。なんというショックだ。

   去年11月(2016年)にあった福岡県北九州市の結婚式場で、時間になっても新郎側の出席者は誰も来ない。いるのは新郎1人だけ。不審に思った新婦側の親族が問い詰めると、「実は、私には妻がいます」。窮地に陥って自分の親族に助けを求めて連絡すると、親族はトラブルに巻き込まれたと思い110番、警察官が会場に駆け付け、「事件」が発覚した。

   この男性は小倉北署勤務の40代の巡査部長。妻がいることを隠し、数年前から女性と交際していた。男性は「ズルズルとこういうことになってしまった」といっている。

「減給処分」受けたが、現在も勤務

   前代未聞のトラブルだが、巡査部長は「減給の懲戒処分」を受けたが、現在も勤務を続けている。福岡県警に取材すると「詐欺罪には当たらないと判断している。披露宴のキャンセル料はすべて巡査部長が支払っている」と回答した。

ありえない

   司会の羽鳥慎一「これはありえないでしょう。披露宴まで止められなかったのか」

   山本雪乃アナ「5カ月前に式場を予約し、誰も来ない席次もつくっていました」

詐欺にはあたらず、慰謝料は最低100万円

   婚姻届は出していないが、女性の心を傷つけた巡査部長に慰謝料を請求できるのか。弁護士の菅野朋子氏に聞くと「金品など騙し取っていないので詐欺罪にならない。慰謝料については、既婚者であることを隠し披露宴まで行ったのはかなり悪質で、最低でも100万円以上」と答えた。

   浜田敬子(アエラ前編集長)「100万円しかならないの?」

   最低とはいえ、そんなものなのか。

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中