263人中262人が失格したマラソン大会 最後尾の子が優勝する珍事

印刷

   自治体による市民マラソン大会が盛んだが、岡山で行われた「べいふぁーむ笠岡マラソン大会」(2017年2月12日)で、最後尾を走った児童が優勝したハプニングを「小倉が斬るニュース」で詳しく伝えた。

   例年2000人が参加する地元では人気のマラソン大会。珍事は263人のランナーが参加した小学3年~6年の部(3キロコース)で起きた。

   午前10時半のスタートで一斉に走り出したところ、先頭集団があっという間にゴールしタイムは6分台。3000メートル走の世界記録7分20秒67を大幅に縮める記録だった。

コースを間違えショートカット

   コースは笠岡総合スポーツ公園内をグルグル周回するコースだが、実は263人のランナーのうち262人が途中のコースをショートカットしたために2キロ足らずでゴールしてしまった。

思い出に残る

   ズルをしたわけではなく、前を走っていた中学生の部のランナーに追いついた小学生のランナーがコースを見間違えたのと雨のためにコースを示す誘導看板を見逃してしまったのが原因だった。

最後尾には誘導員がついていた

   262人は全員失格。ただ一人、最後尾を走っていた小学生がすぐ後に誘導員がついていたために正しく走り30分35秒の記録で優勝した。

   当然、運営ミスした主催者側は平謝り。ショートカットコースを走った1位~6位までのランナーに対し参考記録として表彰状を手渡したという。

   正しく走ったのは263人中最後の一人だけという珍事に司会の小倉智昭は「まあ、思い出に残るマラソン大会だったでしょう」。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中