卓球アジア選手権「森園政崇・伊藤美誠ペア」39年ぶり優勝へ!中国に競り勝ち

印刷

   中国・無錫で行われている卓球のアジア選手権で、若い日本選手が活躍している。きのう13日(2017年4月)に混合ダブルス準決勝が行われ、森園政崇(明治大)・伊藤美誠(スターツ)組が強豪の中国ペアに接戦の末に勝った。第1ゲームを先取したが、その後はもつれた展開になり、勝負は最終第5ゲームに持ち込まれた。中国組に先にマッチポイントを握られたが、5ポイント連取など脅威の粘りを見せて逆転した。銀メダル以上を確定し、39年ぶりの優勝を目指す。

「いいペアは1+1が5にも10にもなる」

tv_20170414125055.jpg

   試合後、伊藤は「もうやばい。心臓はじけそう」と涙を浮かべ、森園は「緊張した」と喜びを語った。コメンテーターで元プロテニスプレーヤーの沢松奈生子も「これだけ1ポイントで勝敗が分かれる展開だと、緊張して試合後に泣き笑いになります。初めてのペアというのはいいところが出やすいもの」と喜ぶ。

   司会の夏目三久「オーラがありましたね」

   沢松「いいペアは、1+1=2じゃなく、5にも10にもなる」

   このアジア選手権では日本チームの10代の選手の活躍も目立っており、目が離せない大会となっている。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中