2018年 9月 21日 (金)

卓球アジア選手権「森園政崇・伊藤美誠ペア」39年ぶり優勝へ!中国に競り勝ち

印刷

   中国・無錫で行われている卓球のアジア選手権で、若い日本選手が活躍している。きのう13日(2017年4月)に混合ダブルス準決勝が行われ、森園政崇(明治大)・伊藤美誠(スターツ)組が強豪の中国ペアに接戦の末に勝った。第1ゲームを先取したが、その後はもつれた展開になり、勝負は最終第5ゲームに持ち込まれた。中国組に先にマッチポイントを握られたが、5ポイント連取など脅威の粘りを見せて逆転した。銀メダル以上を確定し、39年ぶりの優勝を目指す。

「いいペアは1+1が5にも10にもなる」

tv_20170414125055.jpg

   試合後、伊藤は「もうやばい。心臓はじけそう」と涙を浮かべ、森園は「緊張した」と喜びを語った。コメンテーターで元プロテニスプレーヤーの沢松奈生子も「これだけ1ポイントで勝敗が分かれる展開だと、緊張して試合後に泣き笑いになります。初めてのペアというのはいいところが出やすいもの」と喜ぶ。

   司会の夏目三久「オーラがありましたね」

   沢松「いいペアは、1+1=2じゃなく、5にも10にもなる」

   このアジア選手権では日本チームの10代の選手の活躍も目立っており、目が離せない大会となっている。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中