2018年 9月 26日 (水)

山本地方創生相、学芸員を「一番のがん」と発言...外国人観光客への対応促し物議呼ぶ

印刷

   番組が東京新聞記事をもとに伝えるところによると、山本幸三地方創生大臣が昨日(2017年4月16日)、大津市のホテルで地方創生に関するセミナーに出席し、博物館などの学芸員を「がん」などと批判したそうだ。

「この連中を一掃しないとダメ」

   山本地方創生相は外国人観光客らへの文化財の説明、案内が不十分だとし、「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないとダメ」などと発言。セミナー終了後には「一掃というのは言いすぎたが、文化財はプロだけのモノではない。学芸員も観光マインドを持ってほしい」などと釈明したという。

a

   「この『一番のがんは文化学芸員』という言葉自体が非常に想像力にかけた言葉だと思うんですが――」(夏目三久キャスター)

   「心ない言葉だと思います。何より、学芸員の方たちは資料をきちんと守っていくことを法律で義務づけられている。大臣はもっと柔軟にやれ、と言ってるんだと思いますが、柔軟にやるなら、そのための法律改正、指針を示さないと。勝手にやったら、義務違反になります。政治の仕事は働きやすい環境をつくることであって、ただ叱咤激励することではないと思います」(番組コメンテーターの龍崎孝・流通経済大教授)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中