安倍首相自身から籠池氏に携帯電話あった! 着信記録など単独インタビューで示す

印刷

   国有地の格安売買に始まって安倍首相夫妻との関係など肝心な点がいっこうにはっきりしない森友学園問題で、籠池泰典・前理事長がTBSの単独インタビューに応じ「日本国は再び暗黒の世界に入っちゃう」「安倍首相は、何か問題が起きるとパッと捨てられる」などと語った。

   司会の夏目三久「籠池氏は関係が、(土地を)格安で手に入れるために役立ったと話しました」

   2時間半に及ぶインタビューの中で、籠池氏は安倍首相自身からかかってきた携帯電話の着信記録を示してみせた。この電話は首相就任前に講演をドタキャンした時のものという。

昭恵夫人効果あった

夏目:関係役立った

   昭恵夫人との写真も見せ、これらの親密ともとられる関係に財務省などが気を使う「忖度」を感じたかについては「当然あるでしょう、実際に。きっと神風が吹いた」とも話した。昭恵夫人の写真を財務省の担当者に示すと「上司に見せるとおっしゃった」という。

   昭恵夫人の効果を感じたかという質問には「あるでしょうね。しっかりした人がうしろにいることをお役人もわかっていた」と答えた。問題発覚後に「初めのうちは雲隠れしなさいと言われた。それ以上言っちゃだめよという感じだった」と、圧力があったことを認めた。

   龍崎孝(元TBS政治部長)「これは一方の当事者の言葉です。もう一方の当事者である財務省が経過を明らかにする必要があります。事実を語るべきです」

   ここまで言われて反論できない財務省は、どうにも不自然すぎる。ほおかぶりして追及が下火になるのを待つつもりか。国民の問いに応えようとしない公務員とは何さまなのだろうか。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中