2018年 7月 19日 (木)

いつもの缶ビールをもっとおいしく!苦さがうまい究極の注ぎテクニック!

印刷

   ビールがおいしい季節になった。汗ばんだ体に染み込んでいく爽快さに思わずプハーッと声も出るが、さらにおいしく飲むスゴ技を副島淳(俳優)がリポートした。

   まず、グラス2つに注がれたビールを副島が飲み比べる。どちらも同じビールだ。1つ目は「普通においしいです」と特に感想はなかったが、2つ目を飲んで目を丸くした。「まったく違います。のどを通るときの苦みが4倍くらい。苦みのおいしさがガツンときます」

   2つ目のビールを注いだのはビール注ぎの達人、福島茶坊主寿巳さんだ。「ビールをおいしく飲むポイントは注ぎ方とグラスにあります」という。なによりも、グラスが汚れていてはおいしく飲めない。「グラス専用のスポンジで洗うといいですね。ビールは油分に弱いので、これを徹底的に洗い流し、洗ったら自然乾燥にします」

   グラスの内側に油汚れがあると、そこに泡が発生して炭酸分が抜け、コクがなくなってしまうのだ。自然乾燥にするのも、布でふくと繊維が付いて、そこに泡が発生するためだった。

冷蔵庫でひと晩寝かせ、栓を開けても慌てて飲むな

   きれいなグラスを用意したら、次はいかに上手に注ぐかだ。一刻も早く飲みたいが、栓を開けてすぐに注いではいけない。「開けたときに缶の中で気圧が変化してビールが暴れています。ちょっと置いてから、缶の中のものをそのままグラスに移すように静かに注ぎます。ビールがグラスに注がれたことに気付かないくらいに・・・。グラスの側面にはわせるように、泡をたてない、炭酸を抜かないよう最大の注意を払います」(福島さん)

   福島さんはグラスを寝かせるように大きく傾けて注いだ。とにかく泡を立てないのがコツのようだ。ゲストの佐藤仁美さん(俳優)が飲んでみる。「(自分が注いだのと)全然違う。炭酸が強め。そのままズンッと来る。おいしいです、とっても」

   福島さん「(注ぐときに)炭酸がしっかり残っているかが大きいんです」

   保存法にも注意点があった。購入して持ち帰ったビールはすぐ飲んではいけないという。「持ち運んでいるうちに揺れて炭酸が膨張していますから、開けた途端に抜けて行ってしまいます。冷蔵庫でひと晩寝かせてください」

   佐藤「えーっ、すぐ飲みたいじゃない」

   井ノ原快彦キャスター「倍買ってきて、1日目はしょうがないとあきらめて、2日目からおいしく飲むということだね」

   有働由美子キャスター「そこまでやると、まったく味が変わってくるということです」

   ビールの賞味期限は9カ月。新鮮なうちにお飲みください。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中