2018年 7月 20日 (金)

魅力なさすぎ真木よう子!大人の女の品も落ち着きもなし・・・低視聴率むべなるかな
<セシルのもくろみ 第1回~第5回>(フジテレビ系)

印刷

   視聴率が悪いのでボロクソに書かれている当作、素人のガサツな女・宮地奈央(真木よう子)が、ファッション雑誌の読者モデルになって成功したり失敗したりのドタバタドラマだ。編集者・黒沢洵子(板谷由夏)に顎でこき使われてもめげずに企画を持ち込むライターの沖田江里(伊藤歩)とは親友であるが、2人して一喜一憂する毎日である。江里が出した企画で、この前は山に登り寺院でインスタント修行をし、その模様を記事にして採用される。

   何がつまらないといって、主人公の奈央が、チビでカリカリに痩せているのはともかく、物言いが下品な上にアクションがオーバーで、結婚して子供もいる大人の女が醸し出す、品もなければ落ち着きもなく、キョトキョトバタバタと魅力がなさすぎること。こんな女が読者モデルとはリアリティ欠落で、とても視聴者の共感は得られまい。真木よう子は使われ方によっては凄みを出せるキャラクターなのに、彼女の良さは全く貢献していない。無理をしている。

   板谷由夏に顔の輪郭がよく似ている吉瀬美智子がトップモデルとして表紙を飾っているのだが、デカ面の吉瀬は若い女性対象の雑誌のスターとしてはトウが経ちすぎているのではなかろうか。リリー・フランキーの、まるで夏目漱石の「坊ちゃん」に出てくる「ウラナリ」みたいなキャラクターだけがおかしい。元主役級だった長谷川京子が、言わば端役で出ていて今昔の感ありだ。(放送2017年8月10日22時~)

(黄蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中