2018年 11月 14日 (水)

「清宮幸太郎」引き当てた日ハム!ドラフトくじは左手で引けのジンクス

印刷

   プロ野球ドラフト会議で早稲田実業の清宮幸太郎内野手は、7球団が競合した結果、日本ハムが交渉権が得た。北海道の感想を聞かれた清宮は、「寒いな。でも、おいしい料理があるなというイメージです」と好感を持っているようだ。

   司会の羽鳥慎一「これから頑張るという会見でした」

   吉永みち子(エッセイスト)「日本ハムって、くじ運がいいですね」

いきたい球団、いきたくない球団

   ドラフトを選手として体験した長嶋一茂(スポーツプロデューサー)によると、「ドラフトくじは左手で引けのジンクスがあるんです」。抽選される選手側の心境は「正直言って、いきたい球団といきたくない球団が、口には出さないけど、ある。ドキドキした」「ヤクルトは在京だったので、意中の球団でホッとしました」「彼も多分そうだったのではないか」

tv_20171027115032.jpg

   羽鳥「清宮選手がどういう活躍をするか、期待したい」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中