51番目の米国州だった「日本」......"盲従"ぶり晒した安倍の「おもてなし」外交

印刷

   安倍はトランプ父娘の靴を舐めたか。週刊新潮らしいタイトルを付けているが、安倍首相の2人に対する気配りは尋常ではなかった。

   「この日、福生(米軍横田基地がある=筆者注)は完全に米国の大統領の『庭先』と化していた。だが言わずもがな、福生は日本の国土である。戦後72年を経てなお、我が国が事実上の『米国51番目の州』である事実がそこに存在していた」(週刊新潮)

   「あたかも恋する乙女の如き安倍総理は、5日、『日本の中の米国』に降り立ったトランプ大統領と、楽しく、無邪気に、そして健気にゴルフに興じた」(同)

   わがまま父娘は、日本で「和食」を食すという心遣いはみじんもなかった。娘・イヴァンカに安倍が振る舞ったディナーはフレンチ、ジャンクフード大好きなトランプには、ゴルフ場のクラブハウスで東京港区にある『マンチズバーガーシャック』のウエルダン・ハンバーガー。

   ハンディ3のトランプと大体100前後のアベレージゴルファー安倍のスコアは「日米同盟の特定秘密」(官邸担当記者)。そして夜は鉄板焼きの銀座『うかい亭』でステーキと孫娘のためにピコ太郎を招くなど至れり尽くせり。

   しかし、週刊文春によれば、安倍が熱望した護衛艦「いずも」乗艦は「日程がきつい」とすげなく拒否されたという。

   その上、天皇皇后両陛下にも会わせた。何でも、1990年に日本を訪れた不動産屋時代のトランプは、いきなり「天皇に会いたいから、電話をかけろ」と同伴者にいい出したそうだ。もちろん、実現しなかったが、トランプにとって両陛下との会見はその時の「リベンジ」だと週刊新潮は書いている。

   「裏を返せば、日本はあくまで『僕としての接待』に成功したということになる」(週刊新潮)ようだ。

   これほどまでに尽くしたのに、「米国ではほとんど注目されておらず、中国訪問の際には、米国企業のCEO約30人と商務長官が中国へ入る」(国際ジャーナリストの堀田佳男)

   韓国では、トランプの歓迎パーティに元従軍慰安婦を呼び、トランプが彼女を抱きしめるハプニングを文在寅大統領が演出して、安倍と菅官房長官を怒り狂わせた。

   異様なまでの"盲従"ぶりを晒した安倍の「おもてなし」が、アメリカはもちろんのこと、世界の笑いものになったようである。

   トランプ来日中に北朝鮮が何か仕掛けるのではないかと心配されたが、無事に過ぎた。だが、一部報道では、水爆実験の準備を始めているともいわれる。

   ジョセフ・ナイといえば、ハーバード大学の著名な国際政治学者で、カーター政権で国務副次官、クリントン政権では国家情報会議議長などを歴任した大物である。

核は北朝鮮の唯一の外交カード

   週刊現代が彼に北朝鮮問題についてインタビューしている。

「金正恩のことを挑発行動を繰り返すだけの、まるで正気ではない独裁者だという人がいます。しかし、私はそうは思わない。金正恩は自暴自棄になっているわけではなく、計算づくで行動しているのです」

   北朝鮮にとって核開発は手にしている唯一の外交カードだから、このカードを捨てるはずがないと見る。

   この20年間、アメリカは北朝鮮に核開発を断念させるために約1540億円を投じてきたが、効果はほとんどなかったという。

   「金正恩を舐めてはいけない。十分な軍事力を持てたとの確信を得れば、武力を使って、韓国との『再統一』を宣言する可能性だってあります

   トランプが先制攻撃を考えていても、北朝鮮には核兵器抜きでも十分な報復攻撃能力があるから、失われる命があまりにも多く、リスクが高すぎるから、トランプはできないと見ている。

   また北朝鮮もそうしたリスクを知っているから、核による自滅的な行動はとらないだろうとナイはいう。では解決策はあるのか。

「真の解決策を見出すのは難しいですが、私としては、次に金正恩が長距離弾道ミサイル実験を行ったときに、中国を動かして、北朝鮮に対する食糧・燃料の供給を止めさせる......。これがもっとも効果的で、現実的なように思えます」

   アメリカも、北朝鮮とどう対峙しようとすればいいのか、揺れているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中