2018年 5月 22日 (火)

3軒並ぶ料理店が「隣りはまずい!」と非難合戦 何でもありの中国式経営の謎を探ると

印刷

   「まあ、めちゃくちゃなことをやっています」と司会の小倉智昭が苦笑しながら伝える。中国・西安の3軒並ぶレストランの話だ。

   左側の店は「右の2軒はまずい」と横断幕を掲げている。右側の店は「左の2軒はまずい」と掲げている。で、真ん中の店の横断幕は「左右の2軒はまずい」と訴えている。3軒揃ってそれぞれ隣の店を非難し合っているのだ。

   小倉「ということは、3軒ともまずいということ? いくらライバル店といっても、ここまでやっていいの?」

3人の店主「これは私たちの宣伝なんです」

tv_20180116101908.jpg

   市民のなかには「これでお客を呼ぶつもり?」といぶかる人もいれば、「わざわざ見に来たよ。まあ、いいと思うよ」という声もあり賛否両論だ。

   実はこのケンカにはわけがあった。木下康太郎アナが説明する。「同じ料理を出しているなら分かりますが、左の店は『豚肉の炊き込みご飯』、真ん中の店は『鶏肉の煮込み』、右の店は『鴨の首の燻製』と、それぞれ差別化されています。客を食い合っているわけではないのです。なのに、なぜケンカをしているのか、聞いてみました」

   左の店の店長が話す。「これは私たちの宣伝なんです」。3人の店主はともに20代の仲良し仲間。どうしたら店を盛り上げることができるか話し合って、非難合戦を決めたのだという。

   効果はどうか。ともに「昼時は手が回らないほど大盛況」「売り上げ10%アップ」と大成功だったが、あまりにも話題になりすぎて、中国当局からお叱りが出た。「他の店の商品やサービスを批判してはならない」という広告法違反で撤去されることになってしまったという。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中