2018年 11月 16日 (金)

知性を競う番組にもっとふさわしくない、アノ男をMCに起用するセンスに疑問
<東大王>(TBS系)

印刷

   特番を経て昨年(2017年)4月にレギュラー番組に。"全国から集まるクイズに自信ある猛者たちが「知力の壁」とも言うべき東大生チームに挑む最強頭脳バトル"を売りに、初回では現役東大生選抜メンバーと、森永卓郎、木村美紀ら東大OB・OGが超難問クイズに挑み、上位3人がレギュラーになるという仕掛けで、結果、現役東大生3人が勝利。以後、インテリ芸人や俳優が彼らに挑戦するスタイルだった。
暇を持て余した芸人が増え、インテリ度は激減
   途中、大学対抗戦や桜丘、開成、筑波大附属、横浜翠嵐といった名門高校との対決など、ハイレベルなクイズ番組で見応えもあったのだが、徐々に内容が変化。このところは「芸能人12人が東大王チームにクイズで勝てば100万円」などとして、ゲストも暇を持て余した芸人やタレントが増え、"インテリ"度は激減した。
   たとえば4日の放送では、「回転寿司で1人あたり何枚食べるか」などというような、あてずっぽうで答えるようなものや、洋楽の日本語訳詞を見て、曲を当てるものなど、"超難問クイズ"ではなくなり、これでは"東大王"の頭脳など必要ないのでは、という感じ。
   そもそも、この番組のMCをヒロミがやっていることもいただけない。品はないし、解答者に対して常にエラそう。途中でレギュラーに加わった現役東大女子が正解すると、「さすが光ちゃん」などと女子学生だけ、馴れ馴れしく名前で呼ぶのも不快。知性を競う番組にもっとも似つかわしくない人を起用するTBSのセンスを疑う。(放送2018年2月4日19時~)

(白蘭)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中