2018年 12月 20日 (木)

メダル独占した大阪のモーグルスキー板!原大智らトップ選手みんな愛用

印刷

   平昌オリンピック・スキー男子モーグルで銅メダルの原大智選手は、「スッキリ」に生出演し、「有名になりたい。もっとテレビに出たい」と発言して、キャスターの近藤春菜から「バラエティでイケる」と太鼓判を押されていたが、もう一つ注目されたのがスキー板だった。表彰台に立ったメダリストがすべて同じメーカーの板だったのだ。

社員たった4人の会社

tv_20180216130002.jpg

   ロゴを大きくしてみると「IDone(アイディーワン)」と書かれている。作っているのは大阪の「マテリアルスポーツ」という会社で、社員は4人しかいない。この会社のスキー板を使っているのは、メダリストの3人だけでない。上位8人全員、モーグル出場選手の7割以上が愛用していた。

   マテリアルスポーツの藤本誠社長は男子モーグル競技を最前列で見ていた。「IDone」の板の特徴は、ターンに必要なしなやかさとジャンプに耐えうる頑丈さを兼ね備えていることだそうで、それが世界のモーグル選手から引っ張りだこになっている理由だそうだ。

   近藤春菜「やったぜ、大阪!」

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中