2018年 5月 21日 (月)

しじみは冷凍保存がベスト! 二日酔いに効く「オルニチン」が激増

印刷

   「あさイチ」は平昌(ピョンチャン)五輪中、好評だったテーマの再放送だ。きょう20日(2018年2月)は2017年12月5日に放送された「ミラクル栄養UP術」だった。

有働由美子キャスター「お酒が好きな人にはうれしい栄養アップ術です。女性にうれしいカルシウムがアップする方法もあります」

   酒を飲んだ時に活躍するのが「しじみ汁」だ。しじみに含まれる「オルニチン」という物質が二日酔い解消に効果的で、美肌にもつながるといわれている。

   このオルニチンを増やすには、「冷凍するだけです」(貝料理専門店の延田然圭さん)。マイナス4度で冷凍すると、冷蔵保存よりもオルニチンの量が8倍になったというデータもある。

   冷凍しじみを調理する際は沸騰したお湯に入れるのが鉄則だ。一般的に貝は水から煮るものだが、冷凍の場合は水から煮るとドリップが出て生臭くなってしまう。

煮る前の酢でカルシウムが3倍以上

   しじみのカルシウムをアップさせるには、煮る前に酢を加えるとよい。酢の力で貝殻からカルシウムが溶け出てくるのだ。酢を入れないしじみ汁と比べ、3倍以上のカルシウムが摂れる。

   入れる酢の量は、水1カップに対し小さじ1と2分の1だ。この量までなら酢の味はほとんど感じない。

副島淳プレゼンター「(酢を)感じない!おみそ汁ですね。飲むまで疑っていた部分もあったけど、感じない」

東京農業大学名誉教授の小泉幸道さん「酢にはカルシウムを溶かす作用もあるけれど、アミノ酸も入っているので、うま味がアップする」

   うま味をアップさせるなら、純米酢を使うのが最もオススメだ。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中