2018年 9月 24日 (月)

5人でとった「パシュート金」隊列練習支えた押切美沙紀に高木姉妹「彼女がいたからこそ」

印刷

   平昌オリンピック・スピードスケート女子団体パシュートで金メダルとなった日本チームには、5人目の選手がいた。きのう22日(2018年2月)に行なわれた表彰式の後、会場を出た高木菜那選手は真っ先に「美沙紀~」と呼び、記念撮影の輪に引っ張りこんだのは押切美沙紀選手だった。高木美帆選手がメダルを外して首にかける。押切は涙、涙だ。

ケガでメンバーに選ばれず

   押切は高木姉妹と幼い頃から一緒に練習してきた仲間だ。ソチ五輪では菜那とパシュートに出場したが、3位決定戦でロシアに敗れメダルを逃した。その後もナショナルチームに選ばれ、高木姉妹らと過酷なトレーニングを続けた。

   その成果は、2年前(16年)の世界距離別選手権で、高木姉妹とともにとった銀メダルにあらわれた。ところが、その半年後、押切は練習中に転倒して左股関節を負傷、全治1か月の重傷だった。その影響もあって、平昌五輪では5000メートルには出場したが、パシュートのメンバーには選ばれなかった。

   しかし、パシュートの練習に「5人目」としていつも参加してカギとなる隊列練習をリードし、「パシュート・メンバーがより金メダルに近づけるように、チームの一員のような感じでサポートをしたい」と話していた。

ウイニングランに手を振りスタンドで大泣き

tv_20180223144135.jpg

   21日の決勝はスタンドで見守った。金メダルが決まった瞬間、押切は目頭を押さえ、「嬉しいです」とポツリ。チームの4人がウイニングランで場内を巡った時、菜那がスタンドに向かって「美沙紀、ありがとう」と声をかけた。押切の涙が止まらない。

   その後の会見でも、菜那は「押切」の名前を出して、「今ここにいないのがちょっと悲しいんですけど、このメンバーにプラス押切がいたから」と語った。美帆も「押切さんの笑顔と元気にたくさん助けられた。押切さん、大好きです」

司会の小倉智昭「もらい泣きしました」

   日本の勝利を受けて、オランダの新聞は「日本に勝ちたければ、日本のように毎日一緒に練習する必要がある」と書いた。小倉が一番心配する点だ。

小倉「オランダは個人戦だけにしてもらいたいですね。パシュートで日本式をやられたらまずい」
文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中