2018年 9月 25日 (火)

海のオトコ・加山雄三の「4億円愛船」が炎上 本人は沖縄ライブ中で船は無人のはずだった...

印刷

   歌手で俳優の加山雄三さん(80)の「4億円愛船」の中型クルーザー『光進丸』が激しく炎上した。当時、船は無人でケガ人はいなかったという。

   1日夜9時過ぎ、静岡県西伊豆町の安良里(あらり)港で、停泊中の船から爆発音がして燃えているとの通報があり、下田消防署からポンプ車3台が出動。とくダネ!が日刊スポーツ紙記事などをもとに伝えるところによると、岸からの放水が届かず、可搬ポンプを複数の漁船に積み込んで船を取り囲み、海水をくみ上げて消火活動を行なったそうだ。

ポンプを漁船に積み込んで船を取り囲み、海水をくみ上げて消火活動

    「これが結果として被害を大きくしたという言い方もできそうです」と伊藤利尋アナウンサーはいう。

   それにしても、なぜ無人の船から火が出たのだろうか。『光進丸』は現在、地元の造船所そばの沖に係留しており、その造船所が管理している。

   火災発生当時、沖縄でライブ活動をしていた加山さんは「何もわからない状況で、私どもも大変困惑しております」というコメントを発表した。一方、日刊スポーツ紙は、消火活動に参加した漁師の話として「電気系統が原因ではないか」との見方を伝えている。

   小倉智昭キャスター「停泊中でも、電気系統というのは、何らかのカタチで稼働していたのかもしれませんね」

   出火原因については今後、警察と消防の調べが行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中