2018年 11月 17日 (土)

福田次官が女性記者へのセクハラを否定する裏事情は? どんな脈絡で話したかがカギ?

印刷

   週刊新潮が、女性記者へのセクハラ発言を伝えた福田淳一・財務事務次官はきのう16日(2018年4月)、声明を出して、報道内容を否定。財務省も、当該の女性記者に「名乗り出てほしい」と呼びかけた。しかし週刊新潮は、会話の音声データを公開した上、「真実だ」と自信を見せている。

   新潮が福田次官だとする音声内容はひどい。財務省担当だという女性記者に対して、「抱きしめていい?」「手を縛ってあげる。胸触っていい?」「エロくないね、洋服」「おっぱい触っていい?」「予算通ったら浮気する?」といった調子が延々と続く。その合間に、「(森友学園は)大したもんじゃない。(佐川さんが)かわいそうだよ」といった言葉もある。

「接客をする女性には言葉遊びをする」がポイント

tv_20180417131208.jpg

   福田次官は、「真面目に質問する記者に悪ふざけはしない。女性記者とこのようなやり取りをしたことはない。時には、接客をする女性に、言葉遊びをすることはあるが、記者にセクハラをしたという認識はない」とのコメント、さらに「週刊新潮を名誉毀損で訴える準備をしている」とした。

   また、財務省も調査を約束したが、「公平の為に、女性記者の話も聞きたい」として、女性記者に名乗り出るよう呼びかけた。

   これらを踏まえ野党は昨日、財務省からヒアリングをした。「あれが自分の声と福田次官は言っているのか?」「わからないと言っている」「そんなこと確認しないで、こんなペーパーかけるね」と激しいやり取りになった。

   また、女性記者に名乗り出るよう呼びかけたことには、「それがセクハラ。全く分かっていない。無理に名乗らせるのはアウト」(牟田和恵・大阪大教授)という声が上がった。参院予算委でも、福島瑞穂氏(社民)が「守られない限り名乗ることはできない」と麻生財務相を追求した。

   福田氏は、東大法学部を出て1982年、大蔵省入省。同期には、佐川・前国税庁長官、迫田元理財局長など、その出世頭だ。森友学園事件で財務省が総攻撃を受けているというのに、女性記者には「僕は暇だ」とか「大したことじゃない」と言い、次には「おっぱい触っていい?」だ。

   麻生財務相は、報道直後、「事実とすれば、セクハラという点ではアウトですな」と責任を問うと言っていたが、音声公表後の昨日は、「個人的な見解として、福田次官の声ではないか」と言っている。

   加藤浩次が、「飲みに行くことはあるんですか」と下川美奈(日テレ解説)に聞いた。

   下川「あります。大勢であったり、個別だったり。トップの人が一人だけ呼び出すのはあまりない。特ダネをくれるのか、クレームを言われるかと、身構えるでしょう」「酔った中でいろんな言葉は出ますが、不快に思うようなことはなかった。言い返せない人だと、セクハラになるかも」

   ロバート・キャンベル「週刊誌になぜ女性が名前を出さなかったかが重要。声を上げると、不利益を被るからだ。ちょうど今朝、ピュリッツアー賞が昨年のハリウッドでのセクハラを取り上げた新聞・雑誌に決まったが、日本ではまだ言えない状況にある。根深いのではないか」

   加藤も、「相手とどういう脈絡で話したのかがわからない」という。

   キャンベル「記者と思ってなかったのかもしれない」

   案外、ここら辺が、カギになるのかも。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中