2018年 10月 21日 (日)

面白くなってきた!「テレ東らしいビジネスドラマ」ジャニーズまみれの連ドラにうんざりの貴兄に・・・
<ドラマBiz ヘッドハンター 第4回>(テレビ東京系)

印刷

   経済に強いテレ東らしい転職世話人の話。第1回は企業の社員が転職に悩む話で、地味で地味で山場もなく、こんな話の連続で大丈夫なのかと心配したが、第4回は面白かった。SAGASUの社長兼転職世話人の黒澤和樹(江口洋介)は、温泉宿・松葉楼の大旦那、松原善三(伊武雅刀)から後継者を捜してくれと依頼される。

   ライバル会社の赤城響子(小池栄子)も食い込んでいる。松葉楼は経営状態も悪く、大旦那と息子たちとの仲も険悪、あまりSAGASUの儲けにはならない事案である。色々あって、最後は、大旦那が息子たちや妻らによって、代表を解任されて1件落着するのだが、緑深い温泉宿の経済や後継者問題は、今まさに日本中のアップ・トゥー・デートな話題であろう。もっと取材したらいいと思う。

   黒澤の会社に出入りして、ダーツだけかましている経済紙のフリー記者・真城や、何となく胡散臭げな事務所の業界臭は良く出ている。一見カッコいいが、一匹狼のように社員2人にも実像のよくわからない黒澤の過去はまだ不明だ。

   連ドラのほとんどがお子ちゃま向きのジャニーズまみれで、大人が見るドラマがないと嘆いている視聴者にとっては1候補であるが、毎回ワクワクして見たい気が起きるほどの内容でもない。社員の灰谷哲也(杉本哲太)の存在意義もまだ十分には発揮されていない。「わろてんか」で女中になっていた徳永えりがぐうたら社員で活躍。まあ次回のお楽しみだ。(放送2018年5月7日22時~)

   (黄蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中