2018年 5月 27日 (日)

「NEWS23」岸井成格元アンカー追悼・・・「原点は戦争と権力監視でした」

印刷

   新聞だけでなく、テレビ番組のキャスター・コメンテーターとしても活躍した毎日新聞の名物記者、岸井成格・特別編集委員がきのう15日(2018年5月)に死去し、3年間アンカーを担当したTBS系報道番組「NEWS23」(月~木よる11時10分、金曜よる11時30分)も、冒頭で伝えた。

   雨宮塔子キャスターが「訃報が入ってきました。ジャーナリストとしての原点は戦争、そして権力の監視でした」と取り上げ、初出演の時から最後の出演までを、取材現場やスタジオでの映像で紹介した。水俣病、沖縄、東日本大震災、安保関連法案採決の日の国会前など、各地に出かけていたことがわかる。

雨宮塔子「あの率直な言葉が聞けないのさみしい」

   キャスターを引き継いだ星浩は「岸井さんから2つのことを学んだかなと思っています。志を持って毅然と権力に立ち向かうこと、難しい問題をやさしくわかりやすく解説することです。岸井さんの思いを引き継いで番組を続けていきたいと思います」と語った。

   雨宮は「あの率直な言葉が聞けないのがとてもさみしいです」と結んだ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中