2019年 12月 16日 (月)

知らない間に「新型栄養失調」!カロリー足りてるのにたんぱく質、ビタミン不足

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   元日本テレビ・馬場典子アナが「あさイチ」リポーターとして初登場! 「栄養失調なんてはるか昔の無関係な出来事と思っているあなた、実は違うんです。私たちにひそかに忍び寄る『新型栄養失調』、ご存知でしたか」と取り上げた。

   カロリーは足りているのに、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなどの必須栄養素が不足しているのが「新型栄養失調」だ。放っておくと骨、粗しょう症などの病気、慢性疲労、めまいなどの体調不良を引き起こす。

ヨーグルトにスキムミルク振りかけ

   知らないうちに失調になっているわけで、どうしたら補えるのか。

   予防医療コンサルタントの細川モモさんは、カルシウムを補うには「スキムミルク(脱脂粉乳)」がいいという。カレーライスや卵焼き、スムージーなど、普段の料理に混ぜるだけで手軽にカルシウムが摂れる。味のクセが強いイメージがあるが、最近はかなり食べやすくなっている。

   スタジオで絶賛されたのはスキムミルクをかけたヨーグルトだ。ゲストの夏菜(俳優)は「生キャラメルみたい。甘くておいしい」といい、LiLiCo(タレント)は「おいしすぎて、スプーンなめちゃいました」

   細川さんによると、「1杯で1日に必要なカルシウムの約4割が摂れます。好みでフルーツをトッピングしたり、バリエーションも楽しめます」

お豆腐は絹ごしより木綿

   豆腐は絹ごしを木綿に変えるだけでカルシウムが2倍、高野豆腐にすれば3~4倍になる。

   乾物などのトッピング食材を常備しておき、日々の食事に「ちょい足し」するのもよい。たとえば、カルシウムが豊富な小松菜にしらすをトッピングすると、カルシウムの吸収を助けるビタミンDの1日の必要量を4割以上が摂れる。

   自分の体調不良、新型栄養失調が原因かもと思ったら、「栄養外来」など栄養相談を行っている病院を受診してみてはいかがか。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中