2018年 11月 16日 (金)

エベレスト「世界最高峰のゴミ山」キャンプ地周辺は用具散乱し糞尿だらけ

印刷

   エベレストでゴミ問題が深刻化している。通信社AFPが「世界最高(標高)のゴミ捨て場」と、そのひどさを伝えている。標高約8000メートルにある「キャンプ4」では、点在するテントの周りに、登山道具などの色とりどりのゴミが散乱し、登山口のルクラには、土嚢のような袋に入ったゴミが移送され、山のようになっている。

金と時間あればだれでも登れる山

   登山のルートや装備が開発され、いまや世界最高峰もカネと時間がある健康な人なら、とくに熟練の登山経験がなくても登れると言われ、今年はすでに600人以上が登山したという。

   登山者の増加とともにゴミも急増し、2017年には25トンも発生。このうち15トンが人間の糞尿だそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中