2019年 2月 21日 (木)

「サマータイム」みい~んな迷惑!「スッキリ」視聴者も反対が圧倒的

印刷

   森喜朗元首相が東京オリンピックの暑さ対策で「サマータイム」実施を言い出し、安倍晋三首相も自民党内で議論するよう指示したが、政界、経済界も世論も迷惑顔だ。視聴者はどうなのか。「スッキリJUDGE」コーナーで「サマータイムの導入に・・・賛成?反対?」を聞いた。結果は、賛成1万4343、反対4万4236と、反対が圧倒的多数だった。

仕事時間が長くなるだけ

tv_20180817130254.jpg

   スタジオでも全員が反対。ラグビー元日本代表の大畑大介は「(競技スタートを)ずらせばいいだけ」といい、本上まなみ(俳優)は「健康管理が難しそう。とくに子供は生活リズムを整えるのに時間がかかる」という。

   近藤春菜キャスター「遊ぶ時間が増えるということは、その店で働いている人が働く時間も増えるということ」

   司会の加藤浩次「プレミアムフライデーさえも浸透していないのに、サマータイムを導入して、仕事が早く終わるとは思えないですよ。日本向きではないですよ」

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中