2019年 1月 19日 (土)

塚原夫妻 一転して謝罪!「宮川選手を傷つけ恐怖心を与えた」保身のため戦術変更?

印刷

   女子体操の宮川紗江選手からパワハラを告発された日本体操協会の塚原光男副会長と千恵子強化本部長はきのう2日(2018年9月)夜、これまでの強硬な対決姿勢から一転して、全面謝罪ともとれるコメントを発表した。

   塚原夫妻は連名で「宮川選手を傷つけ、誤解や恐怖心、不信感、不快感を与えたとすれば、すべて私たちの責任で申し訳ない」「一人の大人として落ち度を認め」などとし、謝罪という言葉を8回も使った。これまで光男氏は宮川選手の発言は「全部ウソ」と決めつけ、千恵子氏は「お金を使っても勝つまで戦う」と語っていた。

世界選手権で選手引率したい

tv_20180903113058.jpg

   司会の小倉智昭「たった3日間で考え方ががらりと変わったのは、心を入れ替えたのか、それとも保身のため、戦い方を変えようと思ったのか、どちらかでしょうね」

   キャスターの伊藤利尋アナ「具体的な、こまかい事実関係には触れていません。なにか、全面的ではない謝罪の感じもします」

   元体操選手で体操クラブを運営する相原誠氏は、「世界選手権(10月25日~)までもう時間がありません。引率したいという思いがあって出したコメントではないでしょうか」と見る。宮川選手の弁護士は「戸惑っており、現段階では回答できる状態ではない」としている。

   小倉「謝罪というのは、パワハラを認めることのはずなのに、(この点については)塚原夫妻は第三者委員会の判断を待つとも言っているんですね。整合性がない」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中